函館の飲み食い日記

函館在住のオヤジによる飲み食い日記です。 居酒屋、食事、ラーメン、蕎麦、ランチ情報、地産地消を中心にUPしています。函館の地元民からの生情報です。コメントは誹謗中傷など内容によっては、フィルターさせていだきます。☆は、お店の評価ではなくオヤジのその時のきまぐれ気分ですので、よろしくです。 メール oyaji3939@gmail.com

リニューアルオープンした龍鶴の中華ランチバイキング。リニューアル記念でエビチリなどが追加。キレイなお店との相乗効果で料理はランクアップした感じ。(^^) ふ〜、煩悩にまかせて満腹です! 
リニューアルオープンした龍鶴の中華ランチバイキング。リニューアル記念でエビチリなどが追加。キレイなお店との相乗効果で料理はランクアップした感じ。(^^) ふ〜、煩悩にまかせて満腹です! 

続きを読む

ラーメンのてっちゃん。ここの塩ラーメンは元祖系函館塩ラーメンで透き通ったスープは朝5時から時間をかけて仕込むそうです。素晴らしい味なのに税込み400円と激安。すごすぎます。
ラーメンのてっちゃん。ここの塩ラーメンは元祖系函館塩ラーメンで透き通ったスープは朝5時から時間をかけて仕込むそうです。素晴らしい味なのに税込み400円と激安。すごすぎます。

続きを読む

少し前にオープンした畦庵(あぜあん)AZEANのランチは昨日から提供。焼魚定食はサバで大きい。大根おろしにつけて〜っと。日本の文化ですね。(^^) 味噌汁は旬のふのりでした。元のやなぎ亭跡です。
少し前にオープンした畦庵(あぜあん)AZEANのランチは昨日から提供。焼魚定食はサバで大きい。大根おろしにつけて〜っと。日本の文化ですね。(^^) 味噌汁は旬のふのりでした。元のやなぎ亭跡です。

続きを読む

ランチは函館の中華「桃園」の週替わり中華弁当。今回のメインは八宝菜で他にレビ・イカのカラマヨ、しゅうまい。なんといっても、ここのは本格中華の味で美味い!さすが噂どおりレベルが高い弁当です。 
ランチは函館の中華「桃園」の週替わり中華弁当。今回のメインは八宝菜で他にレビ・イカのカラマヨ、しゅうまい。なんといっても、ここのは本格中華の味で美味い!さすが噂どおりレベルが高い弁当です。 

続きを読む

チャイニーズキッチン 龍鶴がリニューアルオープン。とてもモダンなレストランに。14時からのメニュー、五目あんかけ丼は、なんとワンコインで素晴らしい内容でした。これはいいもんでした。(^^)
チャイニーズキッチン 龍鶴がリニューアルオープン。とてもモダンなレストランに。14時からのメニュー、五目あんかけ丼は、なんとワンコインで素晴らしい内容でした。これはいいもんでした。(^^)

続きを読む

今日は節分なんで恵方巻を買います。セブンイレブンとファミマの恵方巻です。やっぱ海苔が一番の差別化でしょうか。もうひとつは生協の恵方巻。この行事、セブンイレブンの戦略にハメられてるかな〜 笑 
今日は節分なんで恵方巻を買います。セブンイレブンとファミマの恵方巻です。やっぱ海苔が一番の差別化でしょうか。もうひとつは生協の恵方巻。この行事、セブンイレブンの戦略にハメられてるかな〜 笑 

続きを読む

バルで気に入った「お好み焼き・鉄板焼き 花いち」へ。お二人様用おすすめ品Aは、予想もしなかったフランベがあり、なまらウマい! こうした演出、そして美味い料理、更に安いのでオススメです!満足でした。 
バルで気に入った「お好み焼き・鉄板焼き 花いち」へ。お二人様用おすすめ品Aは、予想もしなかったフランベがあり、なまらウマい! こうした演出、そして美味い料理、更に安いのでオススメです!満足でした。 

続きを読む

函館市杉並町にある「やきとり コウちゃん」。以前に行った時に入れずだったのでリベンジ。晩酌セットと焼き鳥などを。ここは税込のお店でありがたいもんです。やっぱ焼き鳥屋さんは庶民のお店です。(^^) 
函館市杉並町にある「やきとり コウちゃん」。以前に行った時に入れずだったのでリベンジ。晩酌セットと焼き鳥などを。ここは税込のお店でありがたいもんです。やっぱ焼き鳥屋さんは庶民のお店です。(^^) 

続きを読む

函館にレモネード専門店のお店「PETIT CITRON  ベティットシトロン」が杉並町にオープンしました。函館初の専門店となります。概ね450円の料金で、ホットと冷たいのを注文。おいしい〜ですね〜。すっきりです!
函館にレモネード専門店のお店「PETIT CITRON  ベティットシトロン」が杉並町にオープンしました。函館初の専門店となります。概ね450円の料金で、ホットと冷たいのを注文。おいしい〜ですね〜。すっきりです!

続きを読む

函館駅前にある仏壇の看板の「魚屋とカフェ 函館魚販」。この大きな仏壇の看板はインパクトがあり全国広しといえ、ここだけでしゃないかと思います。せんべろで楽しみました。肴も酒も満足です! #
函館駅前にある仏壇の看板の「魚屋とカフェ 函館魚販」。この大きな仏壇の看板はインパクトがあり全国広しといえ、ここだけでしゃないかと思います。せんべろで楽しみました。肴も酒も満足です! #

続きを読む

はこだてYWCA の「カフェ&ショップ  リ・ ボーン」はメニューも増え充実。今回はホットサンド(ガバオ)とコーヒーです。ここは函の「登録有形文化財」となっています。改修工事をした記録も残されていて興味深いものです。
はこだてYWCA の「カフェ&ショップ  リ・ ボーン」はメニューも増え充実。今回はホットサンド(ガバオ)とコーヒーです。ここは函の「登録有形文化財」となっています。改修工事をした記録も残されていて興味深いものです。

続きを読む

昭和23年に開業した老舗の「ラーメンのりんさん」でランチ。あんかけ焼きそばは、ソースが入った味でボリューたっぷり。チャーハンセットは、ラーメン、炒飯ともフルサイズ。ここは量味もバッチリです。 
昭和23年に開業した老舗の「ラーメンのりんさん」でランチ。あんかけ焼きそばは、ソースが入った味でボリューたっぷり。チャーハンセットは、ラーメン、炒飯ともフルサイズ。ここは量味もバッチリです。 

続きを読む

函館市大門の菊水小路は昭和テイストを色濃く残した小路。その一角に「「立ち飲み ヒンナ」があり、酒、料理は全品350円ととても安いんです。韓国料理も得意で面白いお店ですよ。(^^)
函館市大門の菊水小路は昭和テイストを色濃く残した小路。その一角に「「立ち飲み ヒンナ」があり、酒、料理は全品350円ととても安いんです。韓国料理も得意で面白いお店ですよ。(^^)

続きを読む

函館市美原の「寿し処 本吉」のランチは、生寿司7カン、いなりと海苔巻き、そうめん、小鉢2がついて1100円と抜群のCPです。回らないお寿司屋さんでこの値段と内容でオススメです。
函館市美原の「寿し処 本吉」のランチは、生寿司7カン、いなりと海苔巻き、そうめん、小鉢2がついて1100円と抜群のCPです。回らないお寿司屋さんでこの値段と内容でオススメです。

続きを読む

2020年、遅ればせながら瀧澤商店に。ここのビールは、しっかりした洗浄で、いつもながらウマイんです。いつものように乾杯〜です。ふ〜、ここは楽しいお店です。(^^)
2020年、遅ればせながら瀧澤商店に。ここのビールは、しっかりした洗浄で、いつもながらウマイんです。いつものように乾杯〜です。ふ〜、ここは楽しいお店です。(^^)

続きを読む

この日は、cafe &dining LITTでのカフェランチ。「牛ステーキと柚子胡椒の炒めごはん」と「サーモンと韓国海苔の炒めごはん」です。共にドリンク付。ステーキはカットされていました。
この日は、cafe &dining LITTでのカフェランチ。「牛ステーキと柚子胡椒の炒めごはん」と「サーモンと韓国海苔の炒めごはん」です。共にドリンク付。ステーキはカットされていました。

続きを読む

久々の大門横丁の金家へ。初めての方と一緒にです。考えてみればここは相当に通いました。(^^) いつもながらのやかんのマッコリです。 
久々の大門横丁の金家へ。初めての方と一緒にです。考えてみればここは相当に通いました。(^^) いつもながらのやかんのマッコリです。 

続きを読む

函館川原町、豪麺の平日セットは、ラーメンと丼がついて700円とリーズナブルなんです。オヤジは塩と豚丼に。そして相方さんは二郎系の看板メニューの豪ーめんでした。ふ〜満腹です。(^^) 
函館川原町、豪麺の平日セットは、ラーメンと丼がついて700円とリーズナブルなんです。オヤジは塩と豚丼に。そして相方さんは二郎系の看板メニューの豪ーめんでした。ふ〜満腹です。(^^) 

続きを読む

ランチの後は、近くのミスドでドーナツを仕入れます。”函館価格”の安いドーナツ中心で、これで500円くらいです。(^^) コーヒーは豆壱で豆を買い、100均で見つけた一人用のコーヒードリッパーで飲みます。 
ランチの後は、近くのミスドでドーナツを仕入れます。”函館価格”の安いドーナツ中心で、これで500円くらいです。(^^) コーヒーは豆壱で豆を買い、100均で見つけた一人用のコーヒードリッパーで飲みます。 

続きを読む

函館市梁川町にロシア風居酒屋アララット。おまかせセットは元のロシアレストラン カチューシャを思い出させます。料理とワインをしっかりと楽しみました。ふ〜飲んだな〜。(^^) 
函館市梁川町にロシア風居酒屋アララット。おまかせセットは元のロシアレストラン カチューシャを思い出させます。料理とワインをしっかりと楽しみました。ふ〜飲んだな〜。(^^) 

続きを読む

↑このページのトップヘ