mairus0

mairus2mairus3

 

 

 

 

マイルスの枯葉
正統派jazz喫茶で、談話でくる喫茶と、談話禁止のオーディオルームに部屋が分かれている。会話だけの入店目的は、好まれない今時めずらしい店で、そのこだわりは、店主が入魂して作ったオーディオ装置、スピーカを木下モニターだ。
アンプは自作もしており、その腕は自作オーディオの全国大会でも入賞して、有名な存在となっている。この4月から営業日を土日月としており注意が必要。私は最近、何度か足を運んだが「休み」の看板が・・・・ようやく営業日が変わったのを確認。店主いわく「残りの人生を有意義に過ごす」ということで、陶芸などにも通っているとか。この日は、八角のスピーカボックスに収納されたエレボイ30cmと三極管自作アンプの組み合わせで、いい音で鳴らしていた。ちなみにこの真空管300Bは、本家のアメリカ製。中国製は、グローの光が出ないので使わないそうである。300Bは30本揃えているそうだ。こだわりは、こういったところにも現れている。よく行く店のひとつです。