GWの前半が終わってしまいました。休みは、過ぎて行くのが早いですねー。
さて以前、湯の川で飲んだ時に、2次会は、面白い店ということで、ここに行ったのですが残念ながら休みだったのです。この日 仕切りなおしで、この店へ。確かに面白い店でした。

北海道函館市五稜郭町1-6
0138-52-7837
地図は、こちらです


オットー 大将が、大きな声で歌ってる
 
店に入ると、既にカウンターとテーブル席は、お客さんで埋まっていました。
で、なんと、ここの大将が歌っているではないか。客が歌わずに、大将がですヨ。
やー これには、びっくらしました。しかし、そこは悟られないように平静さを装い、よく店内を見ると、レコードのジャケットだらけだ。
ここは、懐メロのお店だった!
そう、ここは、懐メロの店だったのだ。まったく予備知識のないオヤジは、ちょっと空気が読めてきた。SP盤のジャケットは、あるわあるわ。宴会用の部屋には壁面にびっちり、店の天井まで、貼りつくされている。こにはファンは、お涙もんだろう。
まーそれにしても、歌う。仕事している最中にも歌っている。やー たいしたもんです。
この雰囲気すごいです。、ここの大将とお店、一回、入ったら絶対に忘れないお店です。(笑)
お店は、L字カウンターに7−8名、テーブルに数名、宴会部屋というこじんまりしている店でした。。 
  
電話の予約が、バンバンと
さて、ノリにのっている大将と話しながら、ビールは、どんどんすすみます。店の繁盛しているようで、電話予約が入ってきます。なんと”オレの席”というプレートもあって常連さんが使っているようです。移動のたびに、大将が、ビールをついでくれまました。
日本酒は、オリジナルラベル ”がたろ”がありました。北の錦だそうです。
飲んでみると、やっぱり北の錦でした。(^_^)
 
ここは、なまら楽しいお店!
料理はというと、あまり期待はしてませんでしたが、かなりレパートリーがあります。それっと量がけっこうあって良心的です。でも、なんといっても、ここは店が売りです。
まず楽しい、落ち込んでいる方も、ここに入ればパラダイスです。大将が、めちゃ明るい。
それも、ハンパではなくですヨ。(^_^) いやー楽しいー 
 
祭壇もある。天井のジャケットやホスター 昭和をふつふつと感じます
 
「命預けます」・「とまとの家」・「サニー坊や」・「夜明けの停車場」・「狼なんかこわくない」

「今日のお昼は、何を食べましたか」さんも、行っていました。記事は、こちらです。