CDプレイーヤ DENON 1650AZが故障した。
正月休みは、CDを聴くので、なんとか年内に修理することにした。


自分で修理を決断
CDプレーヤの故障の症状は、物理的にCDはローディングするが認識できず再生できないというもの。
その道のプロと相談し、CDを検出するピックアップコイルではないかということになった。
このピックアップは、4〜5年の耐用期間で、時期になれば交換が必要な物品ということだ。

多少の電子工作ならできるので、自分で修理をしようと決断。
メーカーからパーツを購入して交換を行った。

はじめての作業なので、分解にわからないところがあった。左写真が交換するピックアップコイル部。レンズと基盤は。アッセンブリとなっているので作業は楽そうだ。

まず分解をする
まずは、装置を分解しなければならない。各部にネジが多用している。磁性化させたドライバーを用い分解。
このプレーヤーかなり重い、ちょっとしたアンプ並みの重さだ。

値段=価格 という一昔前の図式かもしれない


 
交換官僚
交換を完了し、組み上げて動作を確認。部品のみの4000円ちょいで安く修理ができ、ちょっと得をした気分です。(^_^)

PS  1650AZのピックアップは、ショートランドの処理が必要のないSHARP製だそうでして、それ以前の機種のものはSONY製のものが多くショートランドの処理が必要のようです。この記事は参考までということで質問はサポートセンターでよろしくです。