DreamBox150コンサート


なんとか時間が作れてコンサートへ

昨日のAM3時、朝6時に起きて仕事をして、なんとかこの日に時間を作ることができ、DreamBox150の「温めの燗と炙ったイカでSWING!」にいくことができました。

ちょうど、この日も目的のひとつである、渋谷毅オーケストラの順でした。サックスの林栄一のソロは、予想どおりのフリーjazzめいた刺激的な音でノリまくでした。

今回のメンバーは、峰厚介は、レコード、CDでは聴いていたが、生ははじめてだったのでサックスも興味がありました。渋谷さんは、ほとんど知られていないと思いますが当時、関東での最年少ハムだったそうで以前のコンサートの際には、オヤジ達とこの話で盛り上がりました。


大石トリオは、最高の演奏でして、ひさびさに素晴らしい演奏を聴き大満足でした。いやー まじ最高でした。会場でもここまでは、一番、盛り上ったようです。
911なんとかという演奏の時には、なんと雨が降ってきまして、なんとか天気は終了までもちました。
この曲は、オリジナル曲で中本マリのコンサートでも演奏していました。
明日は、夜まで雨ということです。コンサートは雨具必須のようです。
やべぇ 雨具を持っていないなー

ちょっと抜けだして補給







ビールが足りなくなり、1000ペロリを購入してきました。前売りのほうが100円お得でした。


クラシックビールと、ちゃんこ(300ペロリ) で栄養補給でした。


今回のちゃんこは、九重部屋でして、テレビの取材も何局か入っていたようです。先だって食べたちゃんこは朝日山部屋でしたが、この時と味付けはかなり違っていました。部屋でそれぞれの味付けがありそうですね。
おいしいちゃんこでした。やっぱり本物です。




さて、見知らぬスーツ姿のサックスが大石バンドに参入しブローを効かせたところで、本日のメインイベンター 八代亜紀が登場。「雨雨降れ」を歌ったが、こりゃJAZZではないっすが、しかし盛り上がりは、本日最高の盛り上がりを見せた。
涙恋は、彼女のミリオンレコードとなったそうで、彼女のスタンダードということでjazzにアレンジした涙恋を披露。これは、さすが持ち歌なのでよかったです。

やっぱ彼女,jazzは合わないですねー。英語もだめだし、ちょっとでした。
しかしバックの演奏はすばらしいものでした。大石トリオは、ほんとすばらしいー!

最後は、舟歌そしてアンコール曲でしめくくり、これは、会場からの反応も一番ありました。しかし 皆さん、聴いていますね。写真は聴衆が拍手喝采の嵐だった。
やっぱり彼女の演歌は最高っす!!
夜は、用事がありコラージュ・de・Cabaretには、いくことができず、後ろ髪をひかれる思いで会場を後にしましたが、大野エリは、聴けず残念でした。
 
13日(木)のコンサートは、間違いなく雨のようです。ちょっと憂鬱。