オヤジにとっての原点の真空管ラヂオですが、これらの作品を見ることができました。
いやー すんごい数のラヂオでして、もう感動もんでした。

P1390548

P1390433

P1390550

P1390553 P1390464

 P1390467 P1390463

写真はクリックすると拡大します。

P1390430  P1390432

 いやー、このスピーカー 懐かしいーのです。
オヤジが、子供の頃アンプを初めて自作した時に買ったスピーカー パイオニアのPE-16です。当時としては、カッコウのいいスピーカーだったのでして、名機 PIM16Aか、これを購入するかで悩んだものでした。

ちょっと話は変わりますが、オヤジは中学から教科書は、家にはありませんでして学校に置いたままでした。
しかしカバンだけは、他の生徒より膨れ上がっていて重かったのです。ラヂオ雑誌や電子工学の本をいっぱい詰め込んで通学し、暇さえあればこの手を読んでいました。はじめは、ちんぷんかんの回路図も、そのうちに解ってきて様々な技術記事はもちろんのこと回路定数までを覚えてしまいました。(^_^)

工学雑誌では、何年の何月号の何色のページまで暗記していたものでして、日本の雑誌では、もの足りなくなくなり洋誌を購入して読んだものです。
英語はダメですが、回路は万国共通なのです。(^_^)

おふくろからは、この熱中度合い見て、「あんた、その情熱を勉強に向けたらいいのにねぇー」とよく言われたもんでした。

当時は、そんな学校の勉強なんてやってられるかーと答えていましたが、今、思うにおふくろの言うとおりでした。(笑)