image2

P1500521 休みのこの日は、日の出湯に行ってきました。

■函館市湯川町3丁目2-17
■電話 0138-57-8692
地図は、こちらです

場所は、湯の川の植物園の向かい側です。 駐車場は、写真の右手です。




P1500528   P1500529
最初に靴箱に入れます。

P1500544    P1500526
料金は大人420円です。
お知らせとして、加水・加温・循環などはしていないというように明記されています。
このお知らせの下記に書かれている「改正温泉法施行規制」を調べてみましたが、

「温泉の成分等の掲示について、従来の掲示項目に加え、温泉成分に影響を与える項目を追加して掲示することを定める。」 としています。詳細は、こちらです

P1500539

 logo3
浴槽は2つありまして、入ってすぐの大きい浴槽がメインで源泉が、そのまま流れているようです。
源泉からのお湯は、熱くオヤジはメインの浴槽には入れませんでした。足を入れただけでギブアップでした。普通の温泉の高温湯は屁でもなく入るオヤジですが、ここは別格でした。(^_^)
マジ、熱かったのです。

P1500535logo3
番台の方に聞いたところ46度くらいお湯だとおっしゃっていました。体感的にはもっとありそうな気がします。(^_^) 常連の方々の話では、「今日は、ちょっとぬるいほうかなー」ということです。

いやー、この熱さにはまいりました。同じ湯の川にある永寿湯も熱さでは有名ですが、ここもまた凄いものです。平然と浴槽に浸かる常連さんの方々は、さすがです。

もうひとつの浴槽は、これよりはぬるくなっていて入ることができました。
ここの浴槽は、源泉を土嚢のような感じでせき止めて温度を調整しているようです。
ここの温泉は湯花がすごく歴史を感じます。効能もありそうです。

ここの常連さん同士の会話はとってもいいもんでして、現代社会で失われたコミュニケーションが、そこにはあったように感じまして、ある種の感動でした。熱いのが大丈夫であれば参加できるんですが・・・残念です。 一見さんは、オヤジだけのようでした。

P1500542  P1500543
ドライヤーは、3分間20円でした。この箱も情緒があります。

P1500554

植物園のところで、冬の嵐のような天候を確認しながらコレです。ふー 至極の一杯です。