image


P1800253

logo117
この日は、大門の「ささ樹」です。

■函館市松風町10−2
■電話 0138-27-1500
地図は、こちらです

ここは、メニューがないお店でして、予約が必要です。

P1800139P1800143

菊水小路にあるお店です。
看板もありませんでして、これが目印です。
 
P1800141

この右側にお店があります。隠れ家のような感じです。これもまたいいもんです。




image
P1800146

こちらのお店は、一種類のコース料理のみとなっています。
前菜は、このように盛りつけられてきます。
P1800152 P1800161 P1800157

このイモおいしいものでした。イカのトンビがあったのは驚きでして、オヤジは、この部位はいつもは捨てているので今回、初めて食べてみました。
そうそう秋田のいぶりがっこの人参は、とってもお酒に合いました。

P1800167

リンゴのグラタン料理でして、けっこうすっぱいりんごです。
これが甘かったらだめで、この酸っぱさでないというお話でした。

P1800178 P1800182 P1800183

中には、ホタテやエビなどが入っていて、最後は、このまま口に入れます。
いやー これ見事な創作料理でした。

P1800171

P1800174 P1800147


キノコと鶏肉のソーメンって聞こえたんだけど、 麺がツマのような感じでした。
なかなか変わり麺かな。

キノコがいっぱい入っていました。

ビールのグラスは、こんな感じです。

P1800187 
P1800191

お造りは、いか刺し、ウニ、あわび等

P1800179   P1800202   P1800197

お酒は、お品書きもないそうで、口頭のメニューだそうです。(^_^)
熱燗は、聞いてみると純米酒だそうでして、銘柄までは聞きませんでしたが純米酒に燗にはと思ったのですが体が冷えていたので熱燗にしてみました。
冷は津軽娘でして辛口のすっきりした味わいでした。
酒造会社は中村亀吉を使っているらしく、亀吉も扱っています。焼酎は、麦のお湯割り。

P1800207

こちらは、カブの煮物でして、この湯葉はとっても美味でした。

P1800217 P1800220

でして中にはカニが入ってます。こうした驚きもいいもんでして、楽しく料理を味わえます。
この汁は上品な味でして全部、飲みました。(^_^)

P1800222

子持ち鮎は、絶品でした。キス、あわび、右はアボカド。

P1800232

ツチクジラの竜田揚げ、脂もありです。

P1800240

デザ−トは、バラのシャーベット 干し柿。

P1800245 P1800247 

このバラのシャーベットは面白い味です。
それでウケたのは、このパンダとクマさん。店主の遊び心が見えます。

P1800158
image1

imageP1800249

店内のカウンターです。この日は、満席。後ろのほうは10人くらいの部屋です。

P1800219

カウンター正面。この書がデーンとあります。

P1800250  P1800248

カウンターにある小物、そしてSONYのテープレコーダー。ご主人と少しく話をさせていただきましたがオーディオにも思い入れがあるそうです。とてもボキャブラリィが豊富な方です。