image1

image 

logo11611211111211111111111221111111112111111111111111112111111111112

この画像見てください。丸い黒い斑点がいたるどころにあります。
 
2012-03-13 15.27.02
2012-03-13 15.26.20オヤジは、現在使っているLUMIX DMC-FX40というデジカメ(コンデジ)を使っていますが、近年、CCDにゴミがついて画像のシミがつきました。特に右上のシミは深刻なものでして、ブログでは、この部分をカットして使っていました。

よく見ると全体にやたらとシミがついています。


ネットでググってみたら、このパナソニックのシリーズは、このようなCCDにゴミがつくという事象がけっこう発生しているようです。皆さんは、修理に出しているようです。
 
このカメラ、けっこうな年数を使っているので取替えようかなと思ったのですが、このような症状のものを直せないのはシャクです。

ググっても、この手の記事を見つけれなかったので自分で修理をしてみました。

それにしても、オヤジのデジカメは傷がいっぱいあります。なんせ毎日、ポケットに入れてブログ用の写真を撮って酷使してるんで、こんなになります。

話は戻りますが、実は、この作業の前に試行錯誤をしていました。

〜歃機をつかってゴミを吸いだし。

image分解しないで、カメラの電源を入れてズーム状態にさせ、そこに掃除機のパイプを入れて回りから空気がもれないようにして吸い出しました。
作業が終わった後に画面が真っ白になりまして、思わず壊したと思いましたが、序々に回復してきました。いかんせんゴミはとれませんでした。 この手法は、オヤジの場合は全く効果がありませんでした。


▲┘▲瀬好拭爾韮達達弔鮴響

デジカメを分解して、DSCN7123空気洗浄スプレーが入るようにしてゴミを吹き飛ばす作戦です。これで飛び散ったと判断して組み立てました。
ディスプレィーを覗きこんだところ残念ながら、これまたダメでした。
けっこう、しつこいゴミのようです。

というようにありまして、修復したのはの方法でして、´△蓮▲ヤジの症状ではNGでした。


--------------------------------------------------------------------------CCDを麺棒で清掃


では、CCDの表面を麺棒で清掃し直接ゴミを取る方法について説明します。

まずはデジカメを分解します。
デジカメは、かなり精密ですので注意して分解しますが、バラそうと思ったらなんと精密ドライバーがないのです。 えーい面倒だとばかりに大きめのドライバーで挑戦です。 いい加減なもんです。(^_^)
まずは、ケースを分解します。

ケースの側にある5本(確か)のネジを外します。

image image

image

DSCN7110 DSCN7109

外側の部位が外れます。
この時、注意すべきは三脚のつく右上の写真では、左下の大きなネジ山のパーツが簡単に外れますので格納箇所を確認してください。
後からでも、紙ピースを合わせるような感じでやればわかりますので、そんなにビビらなくてOKです。

次は、このようになっていますので、CCDらしい場所のネジを外していきます。


DSCN7111

多分、この下あたりにあるべと思い、ネジを回します。 

image 

また、このような感じになっていますので、これまた自分の感性を信じてさらに分解します。無事にCCDデバイスにたどり着きました。

image


思ったより分解箇所が少なかったので、ちょっと拍子抜けです。
フラットケーブルがついていますので、ここは注意します。

image  
 
CCDの表面を取り出しますが、今度は、綿棒で表面をこすりますので注意して手前に向けます。 よくみてみるとゴミが確認できます。

P1900441CCDは人間でいえば網膜です。てなことで手元にあった点眼液に綿棒の先をつけてCCDの表面を磨きます。
(オヤジギャグですいませんが、ほんとにこれを使いました) 
ここは一番、大事な部分でしてホントは、かなり優しく扱わなければならないのですがオヤジは適当です。(^_^)
たぶん、これがなければCDクリーナー液か水をつけていたと思います。 いうまでもなく最良なのはCCDクリーナーです。


CCDにキズをつけないように、ここはやさしくですが、オヤジの場合は、けっこうこすらないとゴミが取れませんでした。

image

磨きましたので組み立てなおします。
CCDは、オートフォーカスなどの機能があるのでしっかりとネジを締め組み立ててます。

今度こそは願いつつディスプレィを覗くと・・・・・・

やりました。

キレイな画面でして、しっかりとゴミが取れています。

いやー、これは気分がいいもんです。気分がいいんで★★★★★です。

image2

多分、ググってこの記事を見る方がいらっしゃると思いますが、これに関することでTRYなさっても自己責任でお願いします。高圧も流れる部位もありますので危険もあります。
オヤジは一切の責任を負いませんのでよろしくです。