image2 


ポイントでポメラを購入

三月にはロスするポイントがありましたので、ポイントでポメラを買ってみました。

スマホとブルーツゥースのインターフェイスのキーボードとポメラを検討したのですが、スマホの場合は電池の消耗が気になったのでやめまて、こちらにしました。

P1940228三越の包装紙
さて届いたのがこちらでして、ポメラを包装しているのは三越の包装紙でしたのでものです。

不思議とこのマークが入っていると価格が高かったのは納得してしまいます。(笑) 購入価格は1万円でした。他には安いところもいっぱいあります。


P1940241

電源は、単4電池2本で、20時間もつそうでして、電源を入れると、すぐに立ち上がり前の文書がすぐ編集できるのは嬉しいものです。
電池は、手持ちにあった100均の電池なんでいつまで持つのやら。



P1940232 P1940233 P1940235

ポメラは、普段はこのように折りたたまっていて、モニターそしてキーボード部を開いていきますと、こうなります。

P1940239

ちょい使った感想

ちょっと使った感じでは、実際の画面に向かってヒッティングすると画面が小さいので、どうしても前かがみになってしまいます。

キーボードは、この手のものではいい感じでして、ピッチ幅、そしてちゃんとしたストロークもありますので早く打てそうです。慣れるとパソコン並のヒッテングが可能になるかと思います。

それから膝の上に置いてキーを打とうとしたのでですが、折り曲げの部分がフラットにならず、ヒッテングしているとふにゃっとなり、安定せず打てるような状況にならないのでで、これは残念です。
まー オヤジは、電車やバスに乗る機会は、そう多くないのですが交通機関をよく利用する方は、期待外れだと思います。

いかんせんガタイが大きく重量も

このポメラ、いかんせんガタイが大きく重量もけっこうあるのです。
写真では、そう見えませんが、スマホと比べる少なくみても体感上は3倍以上の大きさを感じてしまいます。

P1940245この大きさは、なんとかスーツのポケットに入りますが、Yシャツの胸ポケットには間違いなく入りません。なんせぶ厚いんです。

オヤジは、てっきり胸ポケットに収まるものだと思っていましたんで残念です。ちゃんと事前に調べなきゃだめですね。


この感じでは、スマホ感覚での持ち出しは無理でして、”文鎮化”する可能性大です。(笑)



P1940242

画面は、白黒モニター バックライトを使わないんです。

P1940244 

パソコンへの転送方法

パソコンに転送する方法は、マイクロSDもしくは、USBケーブルを使うことになります。
この上位機種では、テキストをQRコードに変換してくれるのでスマホに取り組んでクラウドで転送ということができるのですが、この機種はできないのです。
これまた不便なのですヨー。いちいちケーブルの取り付けは、めんどいんです。

このポメラ、スマホが普及している今、もっともっと薄く軽量にしないとだめですね。

オヤジ的には、ノートパソコンのLETS noteを持つのとあまり変わらないかもしれません。
これは、ちょい残念な買い物だったかもしれません。