P7190068
この日の昼飯は、Z氏と一緒でして、本格的なそばをといういことで、近くにあった「しら川」さんです。

■函館市湯川町3−11−21
■電話 0138−57−7741
■定休日 水曜日
■地図は、
こちらです

駐車場は、道路を隔てた向かい側にあります。

 

P7190006 P7190008  しばらくご主人が病気療養のため、お店を休んでいましたが、お店を再開しています。ただし昼の時間のみ営業となっています。

image P7190046P7190042

その名のとおり、二段になって運ばれてきます。
P7190037

P7190051

logo1
まず、汁をいれまして、濃い目の味付けは、そば本来の味を引き立ててくれます。
汁は、おいし過ぎて、そばよりも目立つのはいけません。でしゃばばらず、あくまで蕎麦のひきたて役なのです。

そば粉は、北竜産のもの使っているそうでして、手打ちのやや細めの麺は、気品ある味わいでして、とってもおいしいお蕎麦です。

オヤジ、ここの蕎麦のファンなんです。(^_^)



P7190055    P7190061

そば湯は、ちょうどいいタイミングをみはからって持ってきてくれました。
お店が、満席にもかかわらずこのような配慮は嬉しいもんです。

P7190017 

病みあがりとあってか営業時間は、11:30〜14:30とお昼の時間だけです。


P7190024 P7190024

おいしい蕎麦で日本酒。これはたまりません。

image P7190040

P7190054 さて、z氏は、糖質制限をしているので、ちょい悩み、こちらの「冷やし梅おろしそば」にしました。 1100円。

辛味大根と南高梅が、けっこう入っていまして、「夏の暑い時には、これがいい」というコメントでした。P7190041

以前の記事は、こちらです

 

P7190009
いい焼酎も並んでいます。

image P7190066

店内です。オープンキッチンからご主人の丁寧な仕事ぶりが見ることができます。
P7190065 
テーブル席もオシャレです。 入った時には、そば通の方々で満員でしたが、食べたらすーっといなくなります。 見事でした。(^_^)

P7190030
お店に置いてある、竹で作ったカニとエビです。

P7190033
えらい手のこんでいるものでして、店主の同級生さんとこれを見てしばし話しを。
image P7190011


P7190022

クリックすると拡大します。