image157

PB273068
今日は、鹿部町のそば処 やぶ政です。
なかなか行くことのできなったお店でして、ようやく念願がかないました。(^^)

■鹿部町字鹿部62
■電話 01372-7-2069
地図は、こちらです

駐車場は、お店の前です。

PB273071
いつもは、向かい駐車場が満杯なのですが、悪天候のせいか、めずらしく空いていましていました。

期待を胸に暖簾をくぐります。
オヤジにとって、この昼飯時間は、なんともいえない至極の小さな幸せの時空間となるのです。(^^)


PB273107

先客は、地元の漁師さんらしき方のグループのみでして、あずましい食事となりそうです。

待っていると女将さんがお茶を運んでくれまして注文をとりにきました。
ここのお店はおいしいと聞いているので、注文するのは、「大盛りそば」です。 780円だったかな。580円+大盛り200円(確か)。

PB273081
オヤジ、本格的なお店では、注文は「大盛り蕎麦」と決めています。天ぷらなどのトッピングをすれば、蕎麦本来の繊細な香りや味がわからなくなので、味がしっかり確認できるもり蕎麦を選ぶのです。 

大盛りは、腹を満たすためです。(^^)


PB273104

待っている間、メニューに目を通しまして、もりそばが580円となっており、ここの値段は手打ちにしてはとっても安いのです。 

この値段から、いろんなことを推測をしてしまいます。(^^)

imagePB273085 
PB273095 
logo123
厨房では、店主が寡黙にそばを作っていまして、この静寂の中に奏でる音もこれまた楽しでして、音楽の楽しむ境地と似ています。

さて、写真は女将が運んでくれた「大盛り蕎麦」でして、更科系の手打ち蕎麦だというのに、いいボリュームでして、こんもりと山となっていまして、これでは採算がと思ってしまいます。 (^^)
PB273083 


logo123
さっそく口に含んでみると、独特の香りに包まれたそばでして経験したことのない味でして、どうも先の予想は、どうも当たっているようです。
しかしこの味もいいもんです。PB273101

logo123
タレは、もちろん濃い目でしていい味です。

この値段で、この味、ボリュームを提供していただけることに感謝です。

そば湯も、手打ちならでのものでした。

PB273111


imagePB273076
店内は、とっても落ち着いた雰囲気です。

PB273073
カウンターは、この一枚木が存在感をアピールしています。

PB273079
お蕎麦屋さんにかかせない狸もいました。右手は座テーブル席です

imagePB273103
もうひとつのメニュー、暖かいそばです。

PB273119
鹿部町は、ほとんど雪がありありませんでした。お店の前の漁港です。

PB273058
今日の函館は、すっかり冬景色となりました。

PB273154
木にも雪がしっかりつきまして、冬ならでの景色となりました。
 
室蘭等では、強風で大停電となっています。

各写真は、クリックすると拡大します。