image158PC235880

JAZZ喫茶「マイルスの枯葉」の最後のコーヒーを味わってきた。
久々にスピーカーの真ん中に座って、ここの装置を懐かしむがごとく聴き入り、ここでのお店のいろんなことが浮かんできた。

思えば、脱サラでオーディオ好きの方がはじめたお店として聞いて、初めてこのお店に入って聴いた音は衝撃的だった。

オーディオ装置で感動するのは、高校生のときに札幌でのクラシック喫茶「ウィーン」でのYLホーンを聴いて以来の衝撃度合いであり、低域や高域がどうのというレヴェルではなく、木下モニターから、ガツンとばかりに演奏を訴えかけくる音に唖然としたものだった。

PC235871

この装置を構築するにあたり、いったいどのくらいの費用がかかったのか。この音の域に達するまでの年月はと、パッションに溢れるマスターの話を聞くにつれ、でてくるのはため息と「すごい」の言葉しかでてこなかった。 情熱がこの音を作り出したというのが、とっても伝わってきた。

そうそう、ここの装置からは、何度も聴いているお気に入りの曲からも、自分の装置ではわからない、こういう音もあったんだと新鮮な発見するのもしばしだった。
しかし、いい装置が故に、ここで聴いた後は、しばし家では聴く気にはなれなくなるのは弊害だったかもしれない。(笑)

PC235869「会話目的の方は入店お断り」として、今時はめずらしい筋金入りのjazzの姿勢は、客に迎合するお店とは明確に違う方向性であり、「頑固一徹」はシンパシーを感じるものだった。

函館が誇るお店として音楽好きの方は連れていき、こういうお店が函館にあることを自慢したものだ。

お店に通うようになり、お互いに知り合え、マスターのjazzの感性と自分の感性が似通っていることもわかり、話もスィングするようになり時として、カウンターで時間の経つのを忘れ話に夢中になったこともままあった。
もっともっと通いたいお店だったが、残念ながら2012年12月24日をもって閉店となった。

PC235873
閉店のスケージュールは予定されていたものであるとはいえ、実際にその局面になると寂しくてならないが、今はその時。

ありがとう! 「マイルスの枯葉」 いい曲、音、想い出をありがとう。そして、マスター&ママおつかれさまでした。 お店を通じて、マスターとママと知り合えることができたこと、とても嬉しく思っています。「マイルスの枯葉」は、一生、忘れることのできないお店となりました。
感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。