image178P1218855

この日は、食彩「なとわの里」でのランチです。

■函館市日ノ浜町31番2
■電話 0138-85-4010
地図はこちらです

道の駅の定休日は、月曜日ですが、お店はやっていました。

P1218817
食彩「なとわの里」は、道の駅、「なとわ・えさん」の中にあります。この建物の右手です。

”なとわ”を知らない方へ。道南の方言で「あなたとわたし」という意味です。
P1218820
以前、こちらの道の駅で、生簀イカを販売していて、持ち帰りには無料で酸素入れてくれまして、函館までしっかり生きていたので何度か購入していました。

P1218819 
塩らーめん幟には、「お客様のうすい!!のひと言が聞きたくて・・・」とあります。
んーむ、気になります。(^^)


P1218830
オーナー店主さん、「ゴッゴが茹で上がった」と見せてくれました。
これはオスだそうで、ゆでるとヌメりが取れるということです。
しかし、あらためて、こうしてみると不思議な魚です。(^^

imageP1218886
さて、注文は、ここらしいものと「根ぼっけ蒲焼丼」 (900円) にしてみました。
大きなどんぶりに出されてきます。 内容は、丼と味噌汁と漬物です。

P1218896
P1218897
蓋をとると、

おおーー


根ボッケがいっぱい!

正直、「根ぼっけ」は高級食材で値段も高いので、少しの量だと思っていたのです。この量には、驚きです。

P1218900

さすが「あんたろう」やってくれます。(^^)

ここは恵山で有名な食堂、「あんたろう」が経営をしています。P1218915味噌汁は、ワカメもいっぱいです。







こちらの「うどん」は、サービスしていただきました。
このうどん、ゴモメ昆布をすりこんでいて、特有のネバっというのがあまり感じられずに、ちょいヌメっという感じでして、なかなかおいしいうどんです。


P1218905
表面には、緑の昆布が麺のように切られていて、いいコントラストです。

P1218941P1218944

こちらは、根ボッケの刺身です。
とっても活きがよくて、まさにバキバキしていまして、こうしたのは地元でなければ味わえません。これは、すごいもんです。
P1218933


P1218952 
ふー、食べました〜。
logo120P1218884
すばらしい笑顔のオーナーさんでして、少しくお話をさせていただきましたが、とっても人情味があり、 お店での出会い、人とのつながり、エピソードを聞かせていただきました。
話をしていると幸せな気持ちになってきます。
ご主人、ママへの下記の写真のお客さんからの色紙や手紙も納得です。

そうそう、函館空港近くの「あん太郎」は、息子さんがやっているそうです。
P1218859
クリックすると拡大します。P1218860
奥さんは、残念ながら病に倒れたそうです。

imageP1218847
店内です。広くて南の大きな窓からは、いっぱいの陽が差しこみます。
P1218842
こちらは、座テーブル席です。P1218837
窓からは、この海を望むことができます。夏はいいんです〜。

P1218840
恵山方面です。
P1218826 
カウンターには、しっかり根ぼっけをPRです。

imageP1218821
P1218848 P1218835
P1218845
各写真は、クリックすると拡大します。

P1218815
道の駅 「なとわ・えさん」の駐車場も、雪が解けてきています。

P1218813
恵山は、やっぱりこの山です。

P1218807
この日は、まるで春のような天気でした。国道に雪はありません。