image201

P3124411


この日の昼は、今金町の「そば処 喜楽」です。

■今金町今金233?4
■電話 0137-82-1059
地図はこちらです



駐車場は、お店の前です


P3124419
まるびし旅館の隣です。 imageP3124435

P3124450

logo125
ここは手打ちそばのお店でして、オヤジ、あんちゃんの時に今金にいたことがありまして、以前は、よくこの店に通っていたのです。
logo125
ここの大将ともすっかり仲良くなりまして、そば好きの田舎の親父に、ここの手打ち蕎麦を土産によく買っていたものです。
固定的な顔立ちの大将がニカっとして「孝行もんだな」とボソっと言ってオマケもしてくれました。タレは当時、ビール瓶に入れてもらっていました。 オヤジにとって、ここは、とっても懐かしい思い出のそば屋さんなのです。
P3124453
大将は、瀬棚の築港に釣りに行った際には、釣客相手にそばを販売するなどアイデアたっぷりの商売をいろいろ考えていたのです。
ほんと今で言う企画マンでして、話しててもいい刺激を受け、とっても楽しかったものです。

残念ながら今回、大将はお店にいませんでした。
すっかり息子さんの時代になっていまして、一抹の寂しさを感じつつも時代の流れを感じるのでありました。
logo125
さて、手打ちそばですが、息子さんのそばは、けっこう細くなっていました。
大将の打つ蕎麦は、専用のそば切り器を作って意図的に最初は細く、疲れてくると太くなっていまして、それをうまく混ぜていたんです。それが喜楽の蕎麦でした。
面倒なことをいえば茹でた時に、バラツキあるとかの話になりますが、それ以上に懐かしい蕎麦だったのです。新世代のそばは、その昔のものとは変わったように感じました。

P3124437
もりそばの値段は、400円で大盛は+150円です。
この値段ですので、高級そばというわけではなく大衆的な手打ちそばです。
今回は、薄口タレにたっぷりつけていただきました。トッピングしたい手打ちかもしれません。
大盛ですので、横から見た写真でして、いい高さです。(^^)imageP3124461
店内です。この左手にはテーブル席です。

P3124462
座テーブル席です。昔のお店は、小屋を改造したと聞いていました。
imageP3124427
クリックすると拡大します。

P3124404
今金というと、ここの風車が有名です。

P3124407
このとおりにあった 八千代が紫園が懐かしいのです。かなり通ったもんです。(笑)

いつかは、八千代に行ってみたいものです。