image17

P2080918


日帰り温泉が無料

このHO誌、今回は「函館ノスタルジー」という内容でして、古きよき函館を紹介しています。
冊子の内容も、さることながら、この本には、日帰り温泉が無料となるパスポートがついているんです。( この情報は、takeotさんからいただきました。takeotさん感謝です)

利用できる温泉は26軒でして、道南では、ホテル函館 ひろめ莊、鹿部ロヤルホテル、八雲遊楽亭、熊石平田内莊あわびの湯、松前 矢野旅館、グリーンピア大沼などの温泉を利用することができるのです。
P2080919 
とってもお得です!

この本の定価が580円しますので、一回だけ、温泉を利用してもお得です。2回いくとなんと元を取ってしまうんです。これはお得ですヨ!
もちろん紙面は、HO誌の独特の切り口で函館を紹介していまして、とっても楽しいものです。

てなことで、さっそくこれを利用して南かやべにある、ひろめ莊を利用してみました。

そうそう、これは有効期間がありまして、おおむね5月24日となっています。

image14

P5029957 P5029973 
 
ハンコを押します
では、この冊子を持参して、「ホテル函館 ひろめ荘」に入ります。
この冊子を持っていく理由はっていうと、この冊子がパスポートなので、このようにハンコを押すことになるのです。P5029961
ここの温泉は、硫黄泉でして、オヤジとても好きな温泉のひとつなのです。
いい温泉でした〜。 風呂のあとは、これです。

P5029905入浴食事券
そうそう、このHO誌、有効期限が迫っていまして、これを使えない方は、こちらの「入浴食事券」というのがあるんです。

ひろめ荘の温泉と南かやべの6店の飲食店での昼食が味わえるチケットが1000円で販売されています。


詳細は、こちらにアップしていますので、ご覧ください。

これからドライブシーズン、これらを使って、ふらっと南かやべに足を伸ばすのもいいと思います。(^^) 行かれてみてくいださい。 オヤジ、すっかり南かやべの広報担当です。笑
image16  P5029900

さて、今回は、マイルスのマスターとママが一緒でして、目的は、こちらの蕎麦を味わうことなのです。

■函館市豊崎町64
■電話 0138-25-3001
地図はこちらです

imageP5029920

P5029938
ようやく「もりそば」を

オヤジ、ここはお気に入りになっているお店でして、今回は、ようやく、「もりそば」を味わうことができました。
オヤジ、本格そば屋さんでは、これが本命のメニューなんです。(^^)
もりそばは、650円でして大盛は、+200円増しになります。P5029950







まずは、タレなしでそばを口の中にいれまして、香りを確認します。 
んむ、いいじゃないですか〜。蕎麦のほのかな繊細な香りが伝わってきます。
二八の蕎麦の作品という感じでして、ここまで足を伸ばしてきたかいがあるというものです。

imageP5029924
こちらは、寿司セット 980円です。
寿司6貫と、そばになりまして、そばは小さめとなります。
一緒に行ったマスターとママ、自分に合う蕎麦がないので、そば粉を幌加内から取り寄せ、打って食べているというほどの蕎麦通でらっしゃいますが、ここのお蕎麦に満足されていました。
オヤジの株も上がりました。(^^)
imageP5029931
こいtらは、海老天そば(冷)で850円です。
P5029906
二本柳旅館の一室にあります。
P5029907
image15 
P5029843
前回、行けなかった「函館縄文文化交流センター」です。
入館料は、300円となります。

P5029839
行かれる方は、休館日に注意です。
P5029862
カメラはダメと思っていたのですが、フラッシュ撮影以外はOKということでした。
P5029859 P5029865 P5029864
P5029847P5029848P5029858
各写真は、クリックすると拡大します。
P5029877 
真打ち登場です。通路で行く順番があるのですが、最後がここになりまして、ライトアップも雰囲気があります。