P2130496
この日は、大門に隠れ家のような「ささ樹」に行ってみました。

■函館市松風町10−2
■電話 0138-27-1500
地図は、こちらです

ここは、メニューがないお店でして、予約が必要です。


P2130494
看板もありませんでして、この小さなプレートが目印です。
以前は、知る人ぞ知る名店だったのですが、雑誌、HOに掲載されてから、有名になったようです。 以前の記事は、こちらです

P2130505

P2130509


前菜は、このように料理が出てきます。P2130499
まずはビールです。丸いグラスで、クリーミィな泡があっておいしいビールです。
切り込みは、オヤジ、酒の肴として大好きなんです。これ、よかったんです。


P2130512P2130538P2130516 
大沼のジュンサイ、笹の中は、これです。
P2130523

P2130529P2130527
こちらは、ヤングコーンです。ヤングコーンは、ほんとにトウキミの小さいものかなと思ってググったところ、このようなものでした。

この食感と甘みを味わいます。

次は、青森の酒、亀吉でして純米酒です。ここは、新潟、青森の酒を用意しているようです。
この後は、純米吟醸を味わいました。値段はわかりませんが、そう高くないようです。
P2130536
刺身です。うに、イカ、海老、白身、そしてアワビです。

P2130540
確か、ウニを焼いたものでして、ウマいんです〜。

P2130545
こちらは、煮物です。

P2130557P2130560P2130561

こちらは、なんと言ったかなー。
大きなハマグリのような貝でして、緑の野菜の下に身が遅れています。
グラタン風味で、楽しませてくれます。P2130578
P2130573
この皿の右手にあったのが、このほおづきです。観賞用のほおづきは、食べられないですが、これは食用ほおづきでして、とっても甘いんです。ここの料理、ほんと驚かせてくれます。

P2130565

こちらは、クリームパスタをウニでサンドしたものです。サンドですんで、下には、いっぱいのウニが敷きつけめられています。
P2130569P2130568P2130572
そうそう、ご主人はとっても気さくな方でして構えなくて大丈夫です。
離れずつかずで、いいタイミングで話してくれます。(^^)

P2130579
前回と同じくバラのシャーベットでして、口に入れたとらんアッと驚くんです。(^^)image163
ここは、大門の隠れ家のようでして、料理は5000円のみの一種類ですが、多くの種類の料理、そして料理への驚きの連続でして、とっても満足度が高いお店です。 

imageP2130588
こちらは、カウンターです。

P2130506
カウンターから見た正面。
P2130587
こちらのお部屋と、もう少し小さな部屋があります。