image245  DSCN1272
八雲での、この日の昼飯は「そば処 はままつ」です。 

■ 八雲町浜松763 
■ 電話 090-9755-9870 
■営業時間 午後3時まで 
地図は、こちらです 


ここは何回か行ったのですがようやく入れました。

今年の1月17日にオープンしました。 

こちらの地区は浜松と呼ばれているので、店名は、そうされのかなーと勝手に思ったりします。(^^) 駐車場は、お店の前です。
DSCN1203
国道5号線の「そば処 はままつ」はこの左手です。
道路の右手方面にはハーベスター八雲です。(この写真は、函館方向向け)P2130824
反対方向からは、この白い看板が目印です。小さいので要注意です。
函館方向から来た場合、右手にあります。P2130828
この踏み切りを通過しないで、手前の道路を右に行きます。
DSCN1277
この鉄路に沿って車を走らせます。
P2130834DSCN1211
多分ですが、月曜定休のようです。 では入ります〜 (^^)

imageDSCN1244

DSCN1259

logo125221311111
オヤジ、麺で勝負するこういう本格的な蕎麦屋さんでは、ほとんど大盛りそばを注文しまして、この日も大盛りそばです。
ちょっと、少なめかなと思いましたが、しっかりと220gは、あるようです。DSCN1226
ここの蕎麦ですが、幌加内産のきたわせで二八の手打ち蕎麦にしています。
logo125221311111 
すっきりとした辛めのツユ、おいしいーという感じではありませんが、 オヤジ、こういうツユのほうが好きなのです。
あくまでツユは、蕎麦の引き立て役であって蕎麦を越えた主張はしないほうがいいと勝手に思っています。(^^)
logo125221311111
最初はツユなしでそのままで蕎麦の味、香りを確認します。
中太の麺は蕎麦本来の香りをだしていて、おいしい蕎麦です。
良質なそば粉というのが伝わってきます。
これはオヤジの好きな蕎麦です。(^^)

DSCN1245
盛りは、このような感じです。
手打ちそば好きな皆さん〜、こちら方面を通りましたら寄ってみてください〜。

少し離れた八雲町内の「手打ち蕎麦 権平」の強力なライバル店となります。(^^)

imageDSCN1262DSCN1265

iさんは、大盛り天そばです。800円+大盛り100円です。 海老天は、一個多くて、普段は2本が入っているそうです。
DSCN1263
iさんいわく、暖かいそばも麺がとてもいいというコメントでした。

logo125221311111
話は前後するのですが、お店に入りしばしすると厨房からオヤジを呼ぶ声が聞こえるんです。
なんだべ、ここは初めての店でご主人も知らない方なのにと思って覗くと、なんと知り合いの方だったんです。いやー、これはビックリこきました。
蕎麦打ちを手伝っているそうです。てなことで彼の仕事ぶりを拝見します。(^^)

DSCN1221

DSCN1218
蕎麦のブランドである江丹別の”きたわせ”を玄そばで購入して、製粉しています。
DSCN1220

DSCN1224  logo125221311111
水は、蕎麦打ち蕎麦にとって重要なもので、ここでは、ニセコの水を使っていました。さすがのこだわりです。
彼の打ち方を見ていましてが、とっても丁寧で優しい打ち方なんです。 性格が反映されるんでしょうか。

DSCN1267DSCN1269
仕事を見ていてこうでなきゃと感じます。つなぎは中力粉を使っています。
DSCN1271
オヤジの親父の蕎麦打ちを幼少の時から、ずーっと見てきしたが全く違いました。(^^)
彼にそば打ちの伝授をしてもらうようにお願いをしてきました。ありがとうございます。

八雲には手打ち蕎麦の愛好会がありましてメンバーの方はオープンの時にはお手伝いにきていたそうです。元会長のYさんとは懇意にしていたのですが残念ながら他界されてしまいました。

imageDSCN1239
店内でして椅子テーブル席です。
DSCN1238
民家を活用しているのが伝わってきます。DSCN1232
手打ち蕎麦の名人、高橋さんの書がさらっと貼られていました。
ご主人、名人と一緒に酒を飲んだことがあるそうでエピソードを聞いてきました。
縁があって八雲に来たそうです。

imageDSCN1212
メニューは、もちろん、各写真はクリックすると拡大します。