image2DSCN2989 DSCN2991

休みのこの日は、「和のふ」でのランチです。

■函館市梁川町22−19
■電話 0138-32-4343
地図は、こちらです  

新しくなってから、はじめてなのです。 この日は、オヤジ、およばれです。


DSCN2988DSCN2778
 
駐車場は、お店の右手横です。


DSCN2899 
ランチメニューは、3種類ありますが、「和のふ会席」 2650円です。
ここでは一番、値段のいいランチです。 
メニューには書いていないのですが、会席料理は二人以上からということでした。
image DSCN2814 DSCN2821

最初の先付でして、お店の方が、なんとか豆腐と言われたと思いましたが、とても品がいい味だったというのを記憶しています。
DSCN2822 

和食の料理ですが、一応、順番がありますので、こちらに記載されていますので、参考まで

DSCN2828
DSCN2832 

煮物湾でして、いい器に白い汁でして季節を感じるとうもろこし(おっと標準語)を使っていまして、ゼラチン質のようなもので覆っています。
DSCN2829





左写真の、緑は大沼の”じゅんさい”です。
これ、おいしいものでした。
logo125221311111123 DSCN2835
ということで、たまには、いいべぁということでビールです。久々の昼ビールです。
禁酒していましたが、送別会あり、バル、世界料理学会のパーティがありまして、金曜日もパーティで飲まなくてなりませんでして、実質上、解禁しました。  (^^)
DSCN2842 
DSCN2848
お造りでして、マグロは入っているだろうなと思いましたが、やはりでした。

ここのご主人、松前方面の出身ですので、松前マグロを好んで使っているようです。DSCN2868
DSCN2875 logo125221311111123
焼き物は、魚か肉かをどちらかを選ぶことができまして、こちらは、魚のマツカワ の焼き物です。
カレイの焼き物は、よく家庭料理でもありますが、ご主人の手にかかれば、このようにです。 いやー、うまそうです。
でもって、皿もいいのです。 

logo125221311111123
DSCN2903 DSCN2906  
実は、ここのお店、日本酒は黒龍のみを提供している専門店なのでして、これは飲まずにはいられないのです。1合1100円のをいただきましたが、さすが大吟醸、香りも味もいいものでした。

DSCN2915
見てくださいー。しっかりとこぼしてくれますんで嬉しいものです。(^^)
DSCN2917 
DSCN2921
こちらは、焼き物の肉のほうです。鶏肉を西京焼きしたようなものでして、とてもおいしいものでした。

オヤジ、鶏肉は、あまり得意ではないのですが、これは、とてもいいもんでした。(^^)
DSCN2929DSCN2928DSCN2934 
反対側から写しました。
アボガドにトマト、ナスとなかなか面白いものでした。
DSCN2936 
こちらは、食事でして、豆ご飯と味噌汁です。この味噌汁は、出汁、味噌が違うんです。 
DSCN2961DSCN2943 DSCN2955
後からわかったのですが、ご飯か麺類も選べるようです。
ご飯の椀は、けっこう深さがありました。味噌汁の具は、ふのりでした。

DSCN2965 
DSCN2963DSCN2969
コーヒーとデザートです。器もいいもんです。
左は、アイスコーヒーです。
いやー、ここのランチ、満足でした。
やっぱり「和のふ」は好きなお店です。


Nさん、ご馳走さまでした。 感謝です。

ここの宴会をした皆さん、とても満足されたというレポートをいただきました。
KNDさん、ありがとうございました。

SHさんも、ここに行かれて満足しています。(^^)
大門横丁に行きましたが、探せませんでしたヨ。笑
image DSCN2782
個室の店内でして、4人の脚がありまして広くて、とってもあずましいものでした。
DSCN2985
お店のウェブサイトで宣伝していたトマトがありました。 気合が入っています。(^^)
DSCN2984
こうしたものも店内にあります。なんか、ほっとしますね。
DSCN2983
右手が個室になります。天井がオープンなんで声は聞こえますが、あずましい空間でゆっくりと飲食ができます。
DSCN2982
こちらは、座テーブル席です。
DSCN2980
カウンターです。
image DSCN2803
ランチメニューです。会席料理は二人以上だそうです。