image

IMG_5336
IMG_5275
ニセコでの、そばの連チャンです。以前に入ることのできなかった 「手打ち蕎麦 いし豆」に再度訪問してみました。

真狩村社206-8 

■電話 0136-45-3691
地図は、こちらです。

今月は、木曜日が休みとなっているようです。

IMG_5283IMG_5284IMG_5282
雨が降っているのですが、例によってお客さんが外まで並んで順番を待っています。
相変わらずの凄い人気です。
オヤジ、並ぶのが得意ではないので、普段であれば違うお店に行くのですが、今回はリベンジなんで絶対に食べるんだという気合が入っていますので、その列に加わります。

実は「手打ちそば いちむら」さんで食べた後に、こちらに来たんです。
到着が1:30と少し遅れました。 

ここは、作るのに時間がかかっているせいだと思いますが、お客さんの回転が悪く、なかなか中へと入れてくれません。
     
待つこと かなりで(^^)、待っている方と話をして親しくなります。
    
「これだけ待って、蕎麦が普通だったら、かなりいじけますね。もしそうだったら、俺達は一体なんだったんろう」とかなど、お客さん同士でタメグチをするのでありました。(笑) 
なんせ雨の中で一時間半の待ちだったのです。 
IMG_5341
オヤジの後ろ2人目の2時前に、閉店の看板がかかりました。
オヤジら、ぎりぎりセーフです。(^^)

前回は、この看板を恨めしく思ったものです。
この看板がかかった後でも、次から次へと車がやってきます。
それにしても恐るべし人気です。
imageIMG_5302

IMG_5310


待つこと1時間半、三時になってようやく蕎麦にありつけました。(^^)
注文は、この手のお店では、もちろん「もりそば」です。780円。大盛りはありません。
天ぷらなどがないのも、オヤジ、好印象でして、これから出てくる手打ち蕎麦に期待が高まります。 

IMG_5299




こちらがそうでして、若干、緑ががっていて、なかなか細い麺です。 

まずは、タレなしで口の中に蕎麦を含んでみると、蕎麦の香りとほのかな甘さが感じられます。
美味しい蕎麦は、この瞬間がたまりません。

IMG_5317
ここの蕎麦、予想に反してといったら失礼ですが、まさに絶品中の絶品でして、このような美味しい蕎麦とも思いませんでした。いや〜、これは、もう感動もんです。

これは最高ランクのそば店でして、この蕎麦は芸術の域だと思います。
時間がかかるのも納得でして、この味で待ったことを忘れてしまいました。(^^)

IMG_5323IMG_5326
そば湯は濃厚でして、これだけでも満足できるものです。
      
惜しむらくば、そばがきを味わいたかったのですが、昼のそば屋さんのハシゴでして、これだけにしたのでした。次回はぜひとも、ここのそばがきを味わってみたいと思います。

imageIMG_5335
店内です。

IMG_1155IMG_1158
蕎麦茶は、こちらのようです。何故かミシンと黒電話です。4号Mだったら完璧です。(^^)
IMG_1164
右手がカウンターでして、外で待つお客さんと顔が会いますので目のやり場に困るようです。
待っている方は、こちらを向かないで反対側を向きましょう。(^^)

imageIMG_5294IMG_5291IMG_5293

IMG_5292