image
オーディオネタです。
IMG_3955
実質8300円!

棚に収まったシステムコンポ?です。
LUXのUSB-DAC、アンプRasoberry-piによる音楽サーバ(flac.mp3,インターネットラジオ) dacを変更すればDSD対応といったシステムです。

ケースは得意の100円ショップのフィギァ収容箱を加工したものです。

このコンポ、DAC、アンプが雑誌の付録で実質2000円と2000円、そしてRaspberryが4000円、でケースが三個で300円 で、計 8300円相当で出来上がったのです。これぞプァーオーディオの真骨頂かな。笑

プラスチック加工のアイデア

ケースに入れたら、基盤むき出しよりもサマになったようです。重ねてシステムコンポです。笑
プラスチック加工が手間どったのですが、とってもいい方法がありました。
ひょんなことから気がつきまして、カッターの刃をガスで熱して、そのまま切るというものです。
かなり効率がよく、仕上がりもまあまかなのです。苦労されている方お試しください。

今後のシステムアップ

そうそう、これ値段は、安いんですが音は、なかなかなんですよ。
間違いなく我家のミニコンポの音の比ではありません。
自分で所有しているBOSEの101、55WERより上ランクのスピーカーで聴きたくなる音かな。

Rasberryは、debianのOSを入れていますが、近く音楽専用OSに入れ替え予定です。
これも楽しみです。

雑誌、STEREO 1月号の付録がパワーアップされたLUXが企画したアンプなのでして、発送したという連絡が入ってましたので、週末は、新しいアンプで聴けそうです。

プァーオーディオ、これまた楽しの世界です。(^^)