image2 IMG_2541
西部地区探索の続きは、「 レイモンハウス元町店」です。 IMG_2590
IMG_2537



 






玄関横には、カール・レイモンさんの像があります。では入ってみます。
一階が、ファーストフード店、二階はカール・レイモン歴史展示館になっています。

■函館市元町30-3
■電話 0138-22-4596
■地図は、こちらです

ここは入るのは初めてです。
なんたって今回は、こちらの観光です。(^^)


IMG_2548 IMG_2546
IMG_2552
メニューです。
IMG_2551
ドリンクのメニューです。ビールも、いい値段です。観光地を実感します。 (^^) 
image IMG_2576

IMG_2584
スパイスドック 432円(税込)は、 長めのウィンナーをパンに挟んだもの。
カールレイモンのソーセージは、けっこう味わっているんで、こんなもんかな〜という感じかな。

レモンパセリロング 309円(税込)は、わんずかのパンにソーセージ。

コーヒーは、289円(税込)でして、味はノーコメント。 飲むヨーグルト( 226円)は函館酪農公社のものでした。

IMG_2550
メニューはじめ各写真は、クリックをすると拡大します。
IMG_2555
オヤジ、ここのソーセージ・ハムをよく歳暮に使っています。
でも、昔と比べると、ちと味が変わったような気がします。 
IMG_2560   

IMG_2572
記念館です。いろいろなものが展示・紹介されています。
  IMG_2588
これが目についたのは、この鉱石ラジオです。「戦後、元町工場で聞いていたラジオ」だそうです。
この鉱石は、なんともすごい検波器なんですヨ。イヤホンだけなら電源いらず永久に聞こえる、まさに究極の省エネラジオなのです。(^^) これはスピーカーがついていますので商用電源だと思います。
IMG_2589
タイプライターを打つってコッコいいですよね。
ヨットのくま先輩がオリベッティのタイプライターで打っていたの思い出します。
IMG_2596
レイモンハウス元町店の前の道路でして、アスファルトではないんで雰囲気があります。
IMG_2628
観光ですんで、ここら散策するのです。(^^)
IMG_2622 IMG_2640
こうして徒歩で歩いていると、自分にとっていろんな発見をしたりします。
散策もいいもんです。(^^)
IMG_2631
こうしてみれば街並みは精錬されていますね。さすが魅力的な街、日本一となった函館です。
IMG_2636
旧イギリス領事館の前に、このツリーがありました。
IMG_2635
いよいよ、クリスマスファンタジーがはじまりますね。そうそう明日、11月29日は点灯式です。 
IMG_2620 IMG_2644  
観光地ではない場所も、なかなか味があります。
函館の街並みの再認識もいいもんです。
各写真は、クリックで拡大します。