image4
IMG_0943

IMG_0926
ここのランチの看板に、ボリュームたっぷりと書かれていて釣られて入ってみました。
このキーワードに弱いんです。(^ ^)
お店は、さかえ寿し 亀田店です。

■函館市亀田本町6−22
■電話 0138-42-5864
■地図は、こちらです

駐車場は、お店の左で屋根付です。


ボリューム満点!が気になります
IMG_0916
IMG_0846
ちょい昼を済んでいたので、ご年配のご主人が、普段着でくつろいでいましたが入れました。

ここのランチ時間は2:30までだそうでして、2時少し前の入店でして、一人なのでカウンターに座ります。IMG_0908

ご主人は、白い仕事着と鉢巻きで寿司を握っていまして、先程の格好とは違いましてバッチリとキマっています。やっぱ職人さんはこうでなくちゃです。(^ ^)

ランチは、寿司ランチ 900円でして、こちらにもボリュームありと書かれていますので期待です。
image
IMG_0859

IMG_0880 
キマシタ〜!「すしランチ」です。900円。見てくださいー。これです。

お寿司は、 6カンとノリ巻き3個でして、味噌汁の湾程度の大きさのそば、フライ、ホッキのミミの煮物、漬物です。
IMG_0889





ネタは、マグロ、ホッキ、えび、イカ、とびっこ、玉子、カンピョウ巻です。ホッキは軽〜くボイルしています。

IMG_0873IMG_0884

パチパチと音がしていたのは、このフライのようでして、一回ごとに揚げてくれているようです。
面白かったのはポテトサラダのフライでして、これは初めての味でした。 IMG_0896






ほかにはイカメンチ、いか耳などでした。


これはホッキのヒモなんです!
IMG_0869IMG_0872IMG_0866
これはいい!

本州の方には、なじみが薄いと思いますが、これはホッキのヒモなんです。
オヤジ、身よりもこちらのほうが好きなんでして、いっぱい入ってまして 貝柱の部分も入っていますので、これは嬉しいもんです。
これは、お酒がほしくなってしまいます。(^^) そばは、汁がわりでして、柔めの麺でして普通でした。 IMG_0901
食後には、コーヒーとデザートです。ひさびさにリンゴを食べました。
いやー、900円でこれは満足でした。ホッキのヒモ最高〜です〜♪♪ (陽岱鋼の口調で)
imageIMG_0843

店内でして、カウンターは7脚です。
IMG_0909
お部屋には座席です。
IMG_0912
パーテーションも区切られていますので、あずましいと思います。
IMG_0915

お店は、ご主人、奥様と息子さんでやっていまして、その様子を見て微笑ましくなりました。
今は、核家族化が進んでまして、親子一緒で仕事というのは、なかなかそうは行きません。
とってもうらやましいものです。

ご主人に伺ったところバブルの時は、お店には何人もの人を雇っていたそうでして、ここの場所で営業して54年(確か)になるそうです。最初は、駅前方面からはじまったそうです。
そうそう、こちらでオープンした当初はこの地区は、ジャリ道で家もあまりなかったそうです。
さすが老舗の寿司店です。  

IMG_0919
こういうのもやっているようです。各写真はクリックすると拡大します。
IMG_0920
2月3日の恵方巻の宣伝をしています。
IMG_0936
お店の隣というか奥は、清尚学院高等学校です。
IMG_0939
向かいは、亀田小学校、桐花中学校、公民館です。
オヤジ、打ち合わせでけっこうここの公民館に行ってるんです。なんせ利用料金が安いのです。
sIMG_0947
今日の本町交差点は、雪もなくまるで春が近いように感じますが、まだまだ冬は、これからです。(^^) 細い道に行くと雪道なので慎重に運転しましょう。