image306

IMG_5263
少し前なのですが、久々に明るい時間から、焼鳥 かしらやへ。IMG_5273
定番のかしら。お通しは、いつものようにたくわん。
かしらは5本ごとに提供、最初のは南蛮をかけて味わいます。


DIMON  JAZZ は7月18日(土)

そうそう、ここで7月18日(土)の大門JAZZ のチラシを見ました。
そこには、大友義雄・高瀬アキ・板橋文雄・・・・などと書かれていまして、スワっ来るのかな〜と思ったのですが、しっかりと、などに在籍していた北海道がほこるジャズドラマー 小山彰太。
と書かれていました。なるほど、納得です。

IMG_5276
実は、オヤジ、小山彰太さんの亡くなったおとうさんを、仕事の関係で知っていたのでして、よく「ウチのボンズはなぁ〜。バンドばっかりやっていて」という話を聞いていたのです。
しかしながら、よもや、当時、世界を股にかけて活躍していた山下洋輔バンドのドラマーだったとは知らなかったのです。
いや〜、これ、ほんとビックリしたんです。

またオヤジのオンジは、小山さんから直デンくる仲でして、世の中、狭いもんだと思うのでありました。
IMG_5279
ここで注文するのは、もっぱら、かしらでして、最初の5本は、南蛮をかけて、次の皿の5本は、コショーでいただきます。ここでは2皿10本とビール3杯が、オヤジの標準です。

IMG_5282
大門横丁を通って、向かうのは・・・・
IMG_5284
この工事中の隣の瀧澤商店です。
IMG_5286 

オヤジにしては、ちと早い時間ですが二軒目です。

近くのお客さんは、ホッキの刺身をうまそうに食べていたので、注文です。
人の食べているのを見ると欲しくなるオヤジです。(^^)


この日の隣の方は、ご年配の札幌のカップル方でして、なんと競馬に函館にきたそうです。
競馬をやりにきて、立ち飲み屋さんとは、なんともオサレではないですか〜
やります。(^^)

飲んでいると、カップルのお隣のほうで、こちらのイントネーションとは、明らかに違う話をする方がいたのです。


お客さん〜、その話し方は・・・
IMG_5296
オヤジ 「お客さん、そのいい方は、こっちじゃないね〜」
オヤジ、自分のナマリは、方言ではなくデファクトスタンダードだと思っているのでして、自分と違うしゃべりは、みな方言と思ってしまうのです。ですよね〜(^^)

もちろん”標準語”と呼ばれているものは、”江戸弁”という方言だと解釈しています。



しっかと地方としてのアイデンデティを持たなきゃと思っています。(^^)

おっと、前置きが長すぎました。
「その話し方は、関西人だねぇ〜」と、みのもんたの「秘密のケンミンショー」のように言ってみたところ、正解でして、しばし、話がすすみます。
お隣とのこうした話も、瀧澤商店ならでして、この雰囲気、横丁よりあるかもしれません。
 
話ていると、「ブログの方?」という話になりまして、なんと拙文ブログを見てるということでして、握手をしてしまいました。
いや〜、びっくらこきました。(^^)
関西の方、今回は、オヤジ、ちと時間がありませんでしたが、今度は、軽くネマってよろしくです〜(^^)
sIMG_5290 
この日のマウンテンマウス氏、美女を前にしてご機嫌でした。やるな〜 (^^)

この後は、知人と飲むのでありました。(^^)
ちと、エンジンかけ過ぎでした。