image349IMG_0240
けっこう前なのですが、新しくなった二股らぢうむ温泉に行ってみました。
以前の時は、数度行ったことがあります。
IMG_0184
入浴料は、以前は500円くらいだったのですが、改装後は1000円になりました。
IMG_0186
ここの赤い絨毯の廊下を渡って浴場に向かいます。
IMG_0220
ロッカーです。
IMG_0211
露天風呂でして、この景色を見ながらの入浴は癒されます。
昔は混浴で目のやり場に困りましたが、いまは男女別にもなっているようです。オヤジ安心です。(^^)
IMG_0216 
こちらは、内風呂です。
IMG_0192IMG_0218
湯量は、けっこうあります。 120cmという浴槽の深いところもありまして、危なくiphoneを水没させるところでした。(^^) 目線状態で、この湯を撮りたかったんです。

IMG_0197

ここの宿は、湯治をされる方が多いせいかプールが用意されていまして、水中歩行をしているようです。

IMG_0228 

上からみた露天風呂でして、屋根がかかっていますので雨の日も安心です。

IMG_0208

秘湯の雰囲気でして、この色もいいもんです。

IMG_0206

看板だった巨大な石灰華ドームの中の浴槽は、老朽化のため危険となって撤去されたそうです。
あの様相をした温泉は、なかなかないものだったので残念です。
それにしても、この巨大な石灰華ドーム火山の国だなぁ〜と実感させます。
IMG_0189
休憩室です。
宿には、宿泊者からのお礼の手紙がありまして、読ませていただきましたが、ジーンとくるお手紙ばかりでして、人の温かみ人生を教えていただくようでした。
IMG_0241
ここまでの道は、舗装はされていますが、すれ違いもたいへんな狭い道路ですので注意です。
この道路から、温泉が正面に見えます。

新しくなってからは、秘湯中の秘湯というイネージとは変わりましたが、ここのファンの方、多いようでして、この時は京都の方も宿泊されていました。
ここでは、携帯電話も通じませんのでスマホ依存症の方は注意です。

そうそう、後ほどググってみましたら、wikipediaに掲載されていました。
放射能泉は、いろんな見解があるようです。