image344
IMG_0727IMG_0729

函館大門の「日本酒BAR やまいち」 ですが、ここのお店、オープンの時から知っていたのですが、遅まきながら行ってみました。

■函館市松風町16-17
■電話
■地図は、こちらです


場所は、松風町のセブンイレブン近くです。

この屋号を店名に使っていまして、ちとオヤジには、敷居が高いのかな〜と思いつつ暖簾をくぐります。

しかし、思ったこと杞憂とばかりに、女将さんの明るい挨拶で打ち消されます。

店内は、カウンター主体のシンプルなつくりでして、静かにお酒を楽しむようになっている雰囲気でして、小さめのテーブル席も、2つくらいありました。
IMG_0736
イメージしていた高級BARということではなく、店主さん曰く、「うちは、日本酒が 600円〜でいくら高くても900円なんで安心なんです。」ということでした。(^^)  納得でして、気軽に行ける日本酒BARです。

logo1
IMG_0765
さて、日本酒ですが、「3点きき酒」 800円 で、日本酒の飲み比べがあるのそうなので、それを注文します。この三種の日本酒が注がれます。 凌駕気楽長、オヤジの好きな酒、黒龍 です。
IMG_0754
相方さんは、別な酒を注文です。 これは、いろんな日本酒を味わえるのでオススメです。
IMG_0785
例によって、ちびりちびりと日本酒の味を確認しまて、違いを楽しみます。
むろん、チェイサーはかかせませんでして都度、口に含みます。
「日本を語る酒」は、福島県でして、ネーミングも面白いのです。
IMG_0791
お通しは、女将の手作り料理が、これだけの内容で値段は、なんと500円なのです。
女将さん、いろんな料理が得意そうです。(^^)
IMG_0804
違う酒を注文しまして、いい機嫌となるのでありました。
店主さんも、やわらかい口調で、女将さんは、明るく対応してくれますので、ここは一人でもまったく問題ありません。
IMG_0806
この屋号は、このような立派な暖簾でありまして、こうした文化を持っているのは江差町かなと思いましたが、そのとおりでした。
かまぼこ屋さんとか、祭りなど江差の話題で盛り上がりました。 クマさん、Sのさん行くべしです。

image

今後は、お店でコンサートなども開催していきたい、FACEBOOKなどのSNSもとか抱負を語っていだだきました。

そうそう、暖簾には、猫が書かれていまして、聞いてみたところ、大の猫ファンということです。
店内にはいませんが、自宅しっかりと留守を守っているということです。
猫の話をすると店主、女将さん萌えますヨ。(^^)

次の日本酒を頼みまして、ほろ酔い気分となり、お店を後にするのでした。