image346
IMG_6561IMG_6566

この日は、SHUUさんのオススメで、本町の「炭火居酒屋 輝なり」に行ってみました。
では、入ります。


■函館市本町21-6
■電話 0138-84-5157
■定休 火曜日
■地図は、こちらです


暖簾には、炭火と薫製とあります。 
IMG_6573
まずは、メニューを見て、注文するものを決めます。IMG_6583
SHUUさんからは、薫製がとっても美味しかったということで、まずは薫製メニューを見ます。
※メニューはじめ各写真は、クリックをすると拡大します。

IMG_6585 

最初はビールです。外は寒くても、クイ〜ンと最初の一杯でして、格別ですね〜。
IMG_6608
お通しは、ごっごのから揚げ おりしポン酢でして、これ美味かったのでして、いい酒の肴でした。image341
IMG_6600 
まずは、薫製メニューの鮭はらすの薫製、生たらこの薫製がきました。 そして豚串(ほえい豚) 二本で 324円です。
imageIMG_6610
ちと食べた順番が違うのですが、薫製を先に紹介します。
「生たらこの燻製」 518円(税込) は、いい感じで薫をしていまして、並べ方も面白いのです。
オヤジも自分で薫しますが、さすがです。imageimage
鮭はらすの薫製は、いい鮭を使っているので脂がのっています。
オヤジには、ちと脂が強かったかな。
imageIMG_6631
牡蠣の燻製オイル漬け 734円(税込)です。
オヤジ、この料理好きでして、他のところで、けっこうこれを味わっています。
初めて、これを味わう方は、インパクトがあると思います。
imageIMG_6716
お隣さんが食べていたのが、美味しそうだったので、この「うぃんなーの薫製」 518円(税込)です。
これ、ボリューミィでして、ビールには、とっても合います。
これ、いいもんです。
image340
IMG_6616
この「地魚の刺身盛り合わせ」 1814円(税込)ですが、これは、見事な盛り付けでして、店主さんのセンスを伺い知ることができます。
imageカンウンターの上を見ると、渚亭時代に獲得した賞状が貼られていまして、なるほどと思います。
渚亭から入川さんにいらっしゃたとお聞きしました。和食、一筋の店主さんの仕事ぶりさすがです。
オヤジが食べる通常の刺身のサイズより小さめに感じますが、これは目でも楽しめます。image342IMG_6655
日本酒の種類がいっぱいありまして、こちらは、熱燗でして、これで燗します。image
チョコも選べまして、目で飲むことも、これまた楽しいのでありました。 

image343IMG_6696
冷酒は、こちらでして、これまた、オシャレなものです。
IMG_6690 
冷は、ちと面白うな、スーパー普通酒なるものがありましたので、どんなもんか注文です。
器も、ちょこもオシャレです。ここは女性の方、満足すると思います。image
日本酒、ワイン、ビールは3杯のみでした。 image344 
IMG_6676
白身魚のかるぱっちょさらだ。842円(税込)です。これもオシャレな器です。image345IMG_6699 
ちと腹が減りましたので、湯豆腐です。626円(税込)
このサイズも、普通のものより小さめかな。
バクバク味わうのではなく、オシャレに味わうお店です。
IMG_6593
輝なりさんの焼酎もあるんですね。
今回は、二人で11000円弱でした。
SHUUさん、いいところの紹介ありがとうございました。感謝です。
imageIMG_6587 
ここは、玄関で靴をぬぎまして、掘りこたつのようなカウンター席に誘導されました。
この後、すぐに満席になりまして、人気があります。
ここは、予約しておいたほうがいいと思います。
お客さんは、女性の方同士で来られる方もいらっしゃり、料理内容で、なるほどと実感します。 image
ワインクーラーもありまして、ボトルでの注文もできます。
そうそう、店主さん、とってもイケメンですヨ。
IMG_6742 
カウンター席のすぐ後ろがテーブル席でして、宴会が入っていました。
imageIMG_6576
ドリンクのメニューです。表記は、税抜きです。
IMG_6580
日本酒は、豊富でして、飲みたい酒がいっぱいです。
IMG_6575
メニューはじめ各写真は、クリックすると拡大します。