fusu-logo 

IMG_5004


てなことで、軽い食事ということで、夜の蔦屋書店のレストランFUSU(フースー)です。
■函館市石川町85-1 
■電話 0138-47-2245 
■地図は、こちらです

IMG_1373
メニューを見てみます。
夜、ここに来るのは、はじめてです。
imageIMG_1400
21時を過ぎているので、ディナー、カフェタイムとなっていて、様々なメニューがあり、何を選ぶのか迷うほど。
この時間は、人によって様々なニーズがあり、多様化されているメニューは、ありがたいものです。

IMG_1421


メニューで、写真が、ちょっと面白そうなものを見つけました。
「海老白身魚カダイフ包み」という料理です。 1400円(税込)

この髭のようなものに包まれている大きな海老フライ、そしてフライ、いったい、これは、なんだべか? と思うが、まずは味わってみると、 これがサクサクの食感で、なんともいい感じで楽しいのです。
image4 
この素材なんなのかを、お店のおねえさんに聞いてみたところ、少々お待ちくださいと後ほど、「カダイフ」というそうで、材料の話からの説明を受け、更には、購入は、大槻食材にはあるかもということで素晴らしい説明でした。 最近のフランス料理に使われているそうです。

彼女、まだ、ういういしく、まだここで働いて間もないというのが伝わります。多分、この件で、シェフに聞き覚えて、精一杯の説明をしてくれたのです。彼女の仕事ぶりに感謝をするとともに、人間、こうじゃなきゃと彼女に教えられました。ありがたいものでして感謝です!
お礼の言葉に応える彼女の笑顔が、とっても素敵だったのです。がんばってください。ありがとう〜     

カダイフの説明は、こちらのブログに詳しく書かれています。
image
こちらは、パンかライスを選べて、パンを選択しました。

海老フライは、けっこう大きなものでして、中身はこんな感じです。
同じく、白身魚のフライもです。(^^)
image
この芋も、甘くて美味いんです。ワンプレートのサラダ、けっこういろんなものが入っていました。
カダイフ、とっても興味ありで、今度、これを探して料理してみたいと思います。(^^)
IMG_1395
ドリンクは、追加で+300円でして、香りあるおいしいコーヒーでした。
IMG_1440
コーヒーカップを飲み干すと、恒例のこの質問が・・・ (^^)
imageIMG_1397
相方さんのこちらは、カフェラテ 420円。これ、美味しかったということです。
コーヒーはスタバとこちらで飲めますが、オヤジ的には、こちらのレストランでお茶のほうが好きかな。IMG_1446
店内は、ほんとオシャレでして、北海道NO1本屋さんの称号だけあります。

蔦屋書店は、まさしく現代の函館のシンボリックなお店でして、夜にもかかわらず、駐車場は多くの車が溢れていまして、今、もっとも熱い、函館のスポットだと思います。

札幌の人は、なんで札幌ではなく函館なの〜 という声が聞こえてきそうです。
悔しいだろうな〜 (^^)