image5

昨日、蔦屋書店で、三回目のラズパイの集いがあり参加。 
今回の参加人数は、ちと寂しいものだったが、こまつだいらさんも参加し、ひさびさに技術談義をして楽しんだ。 
IMG_1367 
マニアテイックな内容なので興味のある方は、”続き”を

今回は、大型LEDをラズパイにWEBサーバのapacheを入れCGIによって、コントロールして、ディスプレイする作品が紹介され、装置も大がかりもので力のこもったものだった。 
IMG_1365 
いつも参加をする10代の若者は、ラズパイを使ったシンセサイザーを持参、これが、単なる実験レベルではなく、楽器として立派に使える本格的なもので、その完成度の高さに驚いた。 
雑誌、日経LINUXのコンテストで学生部門で入賞したということで、今後、ますます彼の活躍が楽しみだ。
彼は、若いにも関わらず広範でIoT系の素晴らしいスキルがあるので、函館という地域だけでなく、日本へと羽ばたいてほしい。 

そうそう、スキルで思い出したが、仕事上で感じているのは、スキルは、もちろん大切だが、問題にぶつかった時、問題解決能力が非常に大切だと思っている。 
仕事上である後輩が、わからないという言葉はけっして使わず、課題に対して「時間をください」と言って、しっかりと短時間に”解”を持ってくるには何度も驚いた。彼の問題解決能力は抜群であり、彼の例をひきあいにして、ボンズにも、この問題解決能力は、大切ということで、常日頃の鍛錬をということで話をしている。 IMG_1317
さて、話は戻るが、今回は、自分の機器を持ち込まず、最近、手掛けている ラズパイのオーディオ利用について、10枚程度のパワーポイントを一時間程度で作成した。
慣れているPOWERPOINTではなく、不慣れな無料のフリーソフト LIBRE OFFICEを使ったので時間が、かかってしまったが、画像を入れ、矢印や画像注釈を入れたので、まずまずかなと思っている。 

最近は、Light mpdという軽量linuxを用いていてのオーディオで戯れている。
このソフト、再生をする時にアップサンプリングをして同時に再生ということをしているので、リアルタイム性が要求されるので、linuxは、このためだけの機能に絞っており、余計なものはバンドルされていない。

むろんguiもないのでコマンドラインでの操作となるが設定は、チューニングも含めても意外に簡単。nasが必須で、設定は、ちと癖があり、そこだけ注意。

音については、volumio より、更に透明感があり解像度も高いもので、現在のところ満足している。
USB DACからI2Sバス直結のDACに変更したほどのインパクトはないものの、それにつぐ驚きだった。
これだけソフトウェアーが進化してくると、今度は、ノイズの少ないオーディオに特化したコンピューターが登場を願いたい。
 
そんなことをやっていたので、何も腹に詰めていなかったので終了後は、レストランへ向かう。