image1
IMG_1820
IMG_1821

この日の昼は、手打ちそば蛾眉野(がびの)です。 
ここの手打ち蕎麦は、とっても美味いんです。

■函館市昭和1−14−1
■営業時間 11:00〜14:30
■定休 火曜日 祝日の場合は営業
■地図は、こちらです



場所は、函館商業高校グラウンドの裏手のほうの住宅街です。

IMG_1825
メニューです。
imageIMG_1831
てなことで、定番のもりです。780円(税込)。
こちらの店主さんは、教員時代に、蛾眉野小中学校で「蕎麦」と出会い、校長先生を「卒業」し、こちらの手打ち蕎麦店をはじめらたそうです。
今でも、蛾眉野地区への町おこしなどに関わっており、先生の熱き思いが伝わるようです。
image
さて、今日の手打ち蕎麦は、「北の摩周」です。
今回は、十割そばでして、さっそく蕎麦だけを口に含んでみます。
この蕎麦、香り、食感、打ち、ストイックさが伝わるようでして素晴らしい蕎麦です。
IMG_1833
この手の蕎麦になると芸術性を感じまして、これは作品です。image
そば湯でして、このように濃厚なものです。
オヤジ、この濃厚なそば湯、そのままで飲みたいので、別がちょこが欲しいところですが、迷惑をかけますので、お茶を飲み干し、その茶碗に、そば湯を入れます。いいですね〜(^^)
imageIMG_1877 
メニューに、蕎麦がきがあったので注文です。なんと300円(税込)です。
この価格にも、店主さんの思いが伝わってくるようです。
image
この蕎麦がきですが、そば汁と黒蜜の2種類がでていきまして、各々でいただきます。
いいですね〜。やっぱり、これ大好きです。
そばがきは、きたわせだそうです。

そうそう、お店では、自然乾燥の蕎麦が入手できたそうで、水曜日から提供するそうです。
かなりいい蕎麦のようでして、蕎麦ファンの方は、足を運んでみられてください。
お値段は、ちとアップするようですが、これは外せなそうです。
ここでは、問屋を通していないので、その値段で提供できるようです。
オヤジ、残念ながら行けずでして、どなたか、 レポートお願いします。(^^)
image
IMG_1922
店内です。
IMG_1924 
以前は、こちらのカウンターで食べました。
IMG_1919
ごちそうさまでした。時間が取れれば、ここの蕎麦教室に、習いに行きたいのですが残念です。