image2IMG_6376
IMG_6364
奥尻から、キトビロ(ギョウジャニンニク または アイヌネギ)をいただきました。
これは、船で行って上陸して,急斜面で採るそうでして、たいへんな手間がかかっています。

今時期は、値段が高くて中々、手がでないものでして、こんなにいただきました。本当にありがたいものです。
image3
奥尻のキトビロは、匂いがドーンとキツいものではなく、なんというか上品ぽいのでして、これが特徴だと思います。

ググってみると、奥尻産のキトビロは、特有のクセある香りが少なく、ほのかな甘みが特徴というようなことが書かれています。
まさしく、このとおりでして、この味を覚えファンになり、本州方面から山菜採りに来る方々がいるそうです。
実は、島には熊がいないので安全に山菜を採ることができるのです。

奥尻の方は、日本海の海で、このような味になるのではということです。
オヤジ、この味は、ブランドにできるのではと思ってしまいます。そう思わせるだけの違いがあるのです。
image 
てなことで、定番の醤油漬け、そしてニラ玉のようなものにしてみました。
匂いは抑えられていますが、成分は同じですので、体の中からポッカポッカしてきます。
お〜 効きます。やべっ (^^)