imageIMG_9498
image
この日は、以前にフリーペーパー誌に掲載されて興味があった中和廊に、ようやく行くことができました。

■函館市山の手3丁目21−1
■電話 0138-53-2096
■営業 11:00~20:00
■定休日 不定
■地図は、こちらです


駐車場は、お店お前と横です。

場所は、産業道路のダイソー山の手店を山のほうに向かって行き、セイコーマートを過ぎて、400m行ったところです。

IMG_9502
(※ メニューはじめブログないの各写真は、画像をクリックすると拡大します。)

まずは、メニューを見てみますが、さすが中国料理のお店でして、ラーメンをはじめ様々な料理がラインナップされています。

ここは、ムースルー炒飯が有名なので、それを注文します。

このネーミングやっぱり目立ちます。

よくメニューをみてみると、ラージャンメンは、ゆうみんにもありますが、ザージャンメン、 家常メン、みそ又焼メン、鳥みそラーメンなど、面白そうなメニューがあります。
IMG_9509
厨房からは、ご主人が中華鍋を振るう音が小気味よく、まるでパーカションのように響いてきまして、心地いいものです。

こうした音を、長年、出し続けてきたかと思うと、この音に、ご主人の人生の経歴が刻まれているような気がしてきます。
imageIMG_9521

image
これが、噂のムースルー炒飯です。840円。

ご主人がいなくて、女将さんから教えていただいたのですが、ムースというのは、玉子とキクラゲだそうでして、ルーというのが肉だそうです。

玉子、キクラゲ、肉が入らなけれな、ムースールーと言わないそうです。
なるほどです。女将さん、ありがとうございました。

皿の半分は、炒飯でして、もう半分は、ムースルー(豚肉とキクラゲと玉子の炒めもの)です。
IMG_9528

ボリュームは、結構ありまして、これは嬉しくなります。(^_^)
横から見ても、このとおりでして、普通の1.5倍くらいはありあそうでして、具材も入れると倍くらのボリュームになるでしょうか。
 image
image
炒飯はパラパラでして、いい感じでして、具のほうは、薄めの味付けでして、豚の脂肪の少ない肩肉であっさりと食べることができます。 いいですね〜(^^)

夕方、飲みに行ったのですが、腹がいっぱいでして、ビールのみでして、オカズは食べる気はおきないほどの、いいボリュームなんです。 (^^)
image
image
これ、実際に味わってみなければ、このボリューム、ちと伝わらないかもですが、この厚さを、スプーンで計ってみました。
これは、スプーンの皿の部分が、軽く隠れてしまうほどの厚さなんですヨ。
image
ここで、オヤジ、一旦、箸が止まります。否、スプーンでした。 (^^)
ちと、ついてきたスープを飲みまして、再度、トライです。

ふ〜、完食で腹いっぱいで満足です。

これは、女性の方は、難しいのではと思ったのですが、ググってみるといらっしゃいました。
エライです。(^^)
やるな〜。ゴスペルさーん。(^^)
imageIMG_9574 
椅子、テーブルなど庶民的な感じのお店でして、親しみをもちます。
IMG_9513
カウンターです。

PS 今日は、大門で飲んでいます。