imageIMG_0233

海外旅行から、このコーヒーの土産をいただきました。
グルメな方からいただき「日本でこれを飲むと、かなりいい値段がする。珍しいものだよ」というふれこみでした。    

どれどれと調べてみます。

image
このコーヒーは、コピ・ルアク(インドネシア語 Kopi Luwak) というそうでして、なんと、ジャコウネコのから採られる未消化のコーヒー豆のことである。

とwikipediaにさらっと書かれていますが、糞から採られるって猫のウンコのコーヒーってことですか?

ジャコウネコが、コーヒーの実を食べて果肉は消化され、コーヒー豆は消化されず糞となって出てきて現地の農民は、その糞を探してコーヒーを取り出し乾燥させ焙煎するそうです。

そう聞くと、どっひぇ〜でして、これは絶対に飲まないと思うのですが、世界一高価なコーヒーというフレーズが入るのです。そう聞けば考えは変わるんです。

ウンコだろうがなんでも挑戦するんです。
オヤジ、なんともゲンキンなんです。(^^)
image
普通に思うのが、【ジャコウネコの糞からできたコーヒーって飲んでも大丈夫なの?】 ですが、そこには、コーヒー豆には固い皮があるので直接ウンコとは触れていないそうです。(^^)

ちょい安心です。(^^)

でも、しっかりと腸の中で発酵しているようです。笑IMG_2115
image
値段はコーヒーで高いとされているブルマンどころの話ではなくて、日本で飲めば、なんと、こちらのサイトでは、「「インドネシアのコーヒーの王様というjことで、高いのでは一杯、8000円はすうそうで、その説明がされていました。

しかし、ハンパではない値段です。

kopi-coffeeimage
緊張感をもって、なるべく先入観なしで飲みますが香り高きというより複雑な芳香な香りといった感じでしょうか。 この香りが高価な味なのかと思うのでありました。

先入観なしといっても、この値段ですので多分にプラシーボ効果が入ってます〜 笑

このとっても、珍しい貴重なコーヒーを飲めたことに感謝です。

Tさん、ありがとうございました。

PS. ちと時間がなくちゃんと書けずすいません。概略ということで。ペコリ