imageCIMG4870
今日、2016年9月16日、全国で一斉に発売されまして、かねてから予約してあった iPhone7 plusを 購入しました。

今回は、黒色もラインナップされたのですが、オヤジ、薄い色のシャツを多く着ていて、そのポケットにスマホを入れていますので、ちと黒は目立ち過ぎますので、今回は、シルバーにしました。

6Plusは、ゴールドでした。上写真は、左6plus 右が新しいiPhone7 plusです。imageimage
てなことで、iphone6Plusと7Plusの大きさは、見た目同じでして、パッと見の外観は、背面カメラが2個になったために、横に広い窓となりました。

後述しますが、このカメラの窓の位置が違いますので、以前のケースは、使用できませんので注意が必要です。

image
IMG_8055
噂されていたイヤホンジャックが廃止されましてので、ユーザのガス抜きで、Lightning端子とイヤホン端子の変換ケーブルが、同梱されました。上写真右。
image
持ち帰って、itunesでデータ保存をしていたので、復元しようとしましたが、なんとitunesで、新しいiPhone7Plusの認識がしないのです。

今朝、6plusのデータをバックアップしていたので、動作は確認済です。
image
itunesで、iPhone7 Plusが認識しない。
しかし、itunes-trb2
ちゃんと、マイコンピューターからは見えるのですが、itunesだけ認識しないのです。

itunesのバージョンアップするもNG!

新しいiphoneなので、itunesを最新にしなければだめかな〜と思い最新のitunesにupdateをするが解決せずなのです。
簡単かな〜と思ったのですが、ちと手ごわそうです。

image
いつもように、困った時は、google先生に聞くのでありまして、「itunes iphone 認識しない」で検索すると聞、appleのサイトに

iTunes で iPhone、iPad、または iPod が認識されない場合 - Apple サポート

というのありました。
やはり、この手のトラブルはあるようです。先人達に感謝です。

windows10ですので、この項目と調べると、
コントローパネルーデバイスドライバーのユニバーサル シリアル バス コントローラーのところで
Apple Mobile Device USB Driver が認識されていなかったのです。

先ほどのappleのサイトに書かれている

Apple Mobile Device USB Driver を手動でアップデートする
usb-mobile-ng

作業をすると無事、このように認識しまして、itunesで認識するようになりました。
image
このアイコンが表示されて安心です。
image
itunesのアナウンスを見てみるとIOS10.0.1のリリースです。
早いですね。文鎮化するという噂がかなりありましたので、その対策なんでしょうか。

ついでにIOSのバージョンを上げました。
image
まだ少ししか使っていないのですが、カメラの使用で、オヤジではならの問題が生じました。

実は、このiPhone7は、スピーカーがステレオになりまして、そのせいか、カメラのシャッター音が倍音となった感じでして、この音は、自分でも不快ですので、食事している最中は使えません。
ましてやレストランでは、もっての他です。

オヤジ、今回は、カメラ性能が良くて購入したのですが、この音では、「食いもんブロガー」としては、正直言って、使いものになりません。機種を更改して失敗でした。
これは、ほんと爆音です。

ほんとのところは、このようなこともあるかと、実機で確認したから購入したかったので、お店に実機を見せて撮影をお願いしたのですが、なんとお店に、実機がなかったのです。残念。

こんなことがあるんですね〜。そうして販売しなければならないお店のおねえさん達は、たいへんです。そうした環境でも、がんばっていますね。 エライです。

以前のケースは使えない!


以前の6plusのケースは、穴という穴をふさいでくれまして、かつ自分で本体のスピーカーの穴をテープでふさいでいたのでして、シャッター音は、かなり絞り込め「防音」となっていて重宝していました。 


しかし、このケース、大きさは合うのですが、カメラの位置が違うため使えないのです。
新しくiPhone7 plusにする方、使えませんので注意です。

この手のケースをキャリアの違うところでも探したのですが、残念ながらありませんでした。
シャッター音を小さくできるケース、ご存じの方、いらっしゃいましたら、教えてください。

”脱獄”でっという選択肢はありません。(^^)

PS 2016年9月17日追記です。
image 
シャッター音対策として、まず、本体のスピーカーの穴をテープで遮蔽します。 
さらにその上から、シャッター音で効果のあった6PLUSのソフトカバーを装着します。 

これでも効果があまりなかったので、ソフトケースを外からテープで覆いましたが、あまり効果なしでした。 
んーむ、困りました。ステレオとなったスピーカー、なかなか手ごわいのです。

無音カメラは、StageCamHDという有料アプリを使っていますが、手ぶれも多く、純正に比べて画像品質が落ちるのです。 

このシャッター音、動画撮影をして、シャッターを押して静止画にというのが解決方法かな〜。
賢くないな〜。
 
imageIMG_8113
新しいiPhone7 Plusのカメラのレンズは、F特性が F1.8となりまして、夜間撮影時に効果がでますので、ちと撮ってみました。

上、ラッキーピエロです。そうそう、今日は、ハンバーグが25%OFFだったので食べに行ったのですが、一時間待ちとのことで断念。(^^)
zzzzIMG_8114
サンワドー、あまりに見えすぎるので、モザイクを入れました。なんと店内の人の顔まで認識できそうです。

6PLUSは、下取りにだしたので手元にありませんので、比較できませんが、この夜間の撮影モードは、けっこういけそうです。
zzzIMG_0011
それっと、もうひとつのカメラの特徴として、光学系の2倍のズームが可能となったことです。zzzIMG_0012
こちらは2倍にして写してみました。デジタルでは10倍ですが、多分、これは使えないと思うので、いいところが2倍かな。

※各写真は、画像をクリックすると拡大します。

とにもかくにも、このシャッター音、なんとかならないかな〜。
自分でも不快そのものなので、これでは、食事のお店では使えません。


対策は無音カメラアプリ スマートカメラ!

PS 9月20日、追伸です。

iPhone7 Plusの爆音シャッター音対策です。

この連休、いろいろと撮影しましたが、やはり、iPhone7 Plusapple純正のカメラのシャッター音は爆音でして、外での使用も周囲が気になり、使うことをはばかります。

飲食店の店内では、この音では使えませんでして、全く使いものになりません。というか使えません。
この爆音、なんとかならないもんでしょうか。appleさん。

ブーたれていても仕方がありませんので、手ぶれ補正、無音、画質の満足できるようなカメラアプリを探してみました。

実は、iPhone6 Plusを購入した際にも、無音カメラアプリかなり探してまして、実際に撮影して画質を検討した結局、最大画素で保存できるということからStageCamHDというソフトを導入しました。

しかし、このアプリは、手ぶれ補正もなくAFも遅くて、純正アプリと比べると、画質の差は歴然でして、積極的には使う気にはなれなかったのです。
ブログでピンボケした写真がありますが、それは、このアプリで撮影したものなんです。

2年の時が過ぎていますので、新しいカメラアプリも登場しているかもしれないので、アップルストアーで調べたところ、手ぶれ補正をサポートしているカメラアプリ、「シンプルカメラ」というものがったので使ってみましたが、結論からいえば、これはなかなかいいのです。

シンプルというネーミングで簡単なもので、画質もよくないだろうな〜と思っていたのですは、これが、いいんです。(^^)

まだ、じっくりとは試してはいませんが、オヤジが使うシーンの室内風景、料理の写真の比較では、純正カメラアプリとの差は、ほとんど感じられません。
手ぶれ補正もあるのは、いいものでして、AFも高速です。

これは、オヤジにとって「神アプリ」でして、一時は、また6plusを購入しようと思いましたが、これで飲食店の撮影は大丈夫なようでして、まずはひと安心となりそうです。(^^)