time-logoIMG_9347 zzzIMG_9339

この日は千歳町にある「COFFEE タイム」でのランチです。

■函館市千歳町8−12
■電話 0138-22-6901
地図は、こちらです

駐車場は、お店の前と横にあります。

image
ここのお店は、オリエント急行の外観でして、ググって調べてみると、ブリティッシュ・プルマンといわれるもののようです。

オリエント急行には、いろんな車両がありますが、ブリティッシュ・プルマンは、WIKIPEDIAにも、画像が掲載されていて、先代の店主さんの列車にかけるこだわりが伝わってきます。

琥珀色とクリーム色の列車、憧れます。

さて「COFFEE タイム」ですが、午後3時になっても食事ができるっていうのは嬉しいものです。

今回は以前にアップしたワンコインのナポリタンセット狙いだったのですが、今は、やっていないということでした。

IMG_9355
てなことでメニューを眺めます。

まさしく、これぞTHE喫茶店のメニューです。
いいですね〜。
IMG_9353 
ここに、ホワイトソースピラフなるものがありました。
オヤジ、まだ食べたことのない料理でしたので注文します。
image
ドリンク、サンドイッチのメニューです。
imageIMG_9376 
「ホワイトソースピラフ」 650円。これにコーヒーをつけたので950円(税込)でした。
スープもついてきます。
image
ベーコンの入ったピラフには、ホワイトソースがたっぷりとかかっています。
サイドメニューには、ハムとポテトサラダ、みかんです。

添加剤抜きの、この自家製ハムが美味いんですヨ。imageIMG_9418
ここでハムの話になったところで、出来上がったハムを見せてくれました。

豚肉は道内産の無菌豚を使っていて、完成したハムは見事なピンク色です。
このハムは保存料とかの添加剤は一切入れずに、塩だけを入れているそうです。
そして脂身も、ほとんど取り除きこの形になるそうです。
これは見事です。

オヤジ燻製を作る方は、けっこう知っているのですがハムはハードルが高く、作っている方はなかなかいないんです。
てっきり、ここのマスターはハム会社の経験を積まれたのではと思っていたのでした。(^^)

マスターに聞いてみますと大学卒業後は学部関連の仕事し、そして稼業のコーヒー店を継ぐため三本コーヒーを経て、先代のあとを継ぎ現在に至っているそうです。image
ここで、来年の3月終わり頃からはじまるランチパスポートの話を伺ってきました。

前回のランパスでは、体力の限界を超えたフライパン作業で腱鞘炎にかかってしまい手術をよぎなくされたようです。ですので今回は時間を絞って一人でやるそうです。
お話を伺って、かなり無理されたのが伝わってきました。 imageIMG_9413
ここのコーヒーは、爽やかな酸味も感じられ美味しいのです。

ここの豆は、函館の有名カフェでも使われているものなんです。

それもそのはずでして、マスター、コーヒー会社のキャリアを積んでいます。
IMG_9427
焙煎機は、フジローヤル製のものだそうです。image
ミルは、イタリアのミネルヴァ製で現在は製造していないものだそうです。
機器が故障した時のメンテがたいへんでそうです。

ここで、コーヒー談義になりプロのいろんなノウハウを教えていただきました。
マスターありがとうございました。
とっても勉強になりました。感謝です。 (^^)
IMG_9424
コーヒーは、朝4kgを焙煎したそうです。

ピッキングは、生豆の業者によって量が違うそうで、はぶいた豆は以前は”薫”として使っていたそうです。
なんとも奥深い話でした。
IMG_9436 
てなことで、帰りにコーヒー豆を買ってみました。100g、500円(税込)です。
    
販売している豆は、一種類のみでコロンビア、グアテマラ、ホンジュラスなどがブレンドされているということです。 

そうそう、オヤジ、コーヒー豆は、必ず100g単位で購入してるんです。
買い置きしないで新鮮な豆で飲むようにしていました。
すいません〜。

image
image
それっと、ジャズ好きのオヤジに、この本のこのマンガ知ってる?といって差し出してくれました。

ビックコミックの『BLUE GIANT SUPREME』(ブルージャイアント シュプリーム)でして、JAZZのサックス奏者を目指す一青年がドイツに渡ってのサクセスストーリーだそうです。

JAZZを取り扱ったマンガってのは、初めてですので、帰ってググってみましたが、これは面白そうです。
wikipediaにも、掲載されていまして、こちらです。
image
IMG_9407
ここに飾っているトランペットは単なる飾りではなくマスターのものでした。
クラッシクのバンドもやられていたそうです。

JAZZは、マイルスが好きということです。CDはむろん所有しているのですが昔のアナログ盤で、また聴きたいということを話され中古のレコード屋さんで探しているそうです。

マスター、いっぱい引き出しを持っていますネ。 すごいです。

オヤジ、spofityを薦めてきました。(^^)
imagezzzIMG_9374
店内も、オリエント急行の食堂車で味わうような気分のテーブル席です。
赤の格子のタータンチェックが、スコットランドを想像させます。

外では、無邪気にお子さんが雪で遊んでいます。
お子さん、iphoneの操作がとってもすごいんです。以前にスマホの操作の指捌きが見事すぎて、あっけにとられたのです。(^^)

zzzIMG_9360
今回は、しっかりマスターを話をさせていただきました。
ありがとうございました。
楽しかったです。また、おじゃまします。(^^)

PS 今日は、街に飲みに行っています。