imageimageIMG_9610
ぷら〜っと、大門の一人呑みです。IMG_9611
オヤジ、こちらの裏手から入ります。
ちと参戦が遅れまして、お客さんで満員ですが、一人だけ入れるスペースがあったので割り込みます。
IMG_9613
定番のかしらです。
これ、癖になる味でして、テイクアウトも含めて、かなり食べています。
夏の全盛期には、一週間に三回、お店に行っていましたが、このところは、日和っています。
IMG_9609
このビル、いつも見ていますが、 この目立つ色彩は、山のほうにあっても不思議ではないかと。(^^)。それにしてもキレイなもんです。
やっぱり、ここは、大門の顔かな。
IMG_9608
焼き鳥のハシゴを狙いますが、前を歩いていた先客で満員になり、あきらめます。
タッチの差でした。(^^)

image
IMG_9617
てなことで、瀧澤商店なのです。
なんと、ここにブログでコメをいただく、「沼だんご」さんがいるんではありませんか。
彼とは、以前のいか祭りで、隣になり乾杯をしました。
IMG_9619
てなことで、再会の乾杯です。
東京で呑んできたそうでして、全て300円の肴の新橋の大露路にも行かれて、オヤジも、そこに行ったことがあるので、盛り上がっていました。
ここは、相席になるので、やっぱ、その方とも懇意にされたようです。

その雰囲気、とってもわかりまして、オヤジ、そこで吉田類さんの着物の着付けをしているという方と相席でして、盛り上がってきました。

彼は、映画を見にきたそうでして、ギリギリまでの時間、付き合ってもらいました。
ありがとう〜。間に合ったかな〜
image
ここの棚には、めずらしい缶詰もあるんです。
ここでしか味わえない、試験操業の八戸のサバです。

そして、業務用ハイボールです。これ、160円くらいだったかな〜。とにかく安いんです。(^^)
image
この後は、富山から来たというお客さんと、マスター、ママで話を。

瀧澤商店の焼酎、これは、マスターの酒です。
この五稜郭タワーの階段のぼりをしてきたそうでして、これは、以前に認定証。

瀧澤さん、閉店近くの後半、めずらしく空いていたな〜 (^^)
IMG_9616
横丁経由で帰ろうかな〜と思ったのですが、imageIMG_9649
トイレの前で、メガネのTシャツのおねえさんに声をかけられ金家に。
IMG_9651
お隣の若い男性二人と談笑し、軽めにでした。
マッコリ飲まなかったな〜。(^^)

日にちをまたがないで帰るってのは、めずらしいもんでした。
サイト〜さん、今度、行きましょう〜