imageIMG_2849image
中島廉売に蕎麦屋さんがオープンしたと、ブンブンさんに教えてもらいまして、さっそく行ってみました。

12月23日にオープンしたそうでして、廉売は、前回アップした」たこ焼き屋 ひとふね」さん、そして、今回の蕎麦 倉久さんのオープンとがんばっています。いいですね〜(^^)
     

■函館市中島町26−17 (多分)
■地図は、こちらです


駐車場は、ありませんので、 オヤジは、中島廉売の駐車場に置きました。

お店の営業時間、定休日などの情報は、聞いてきませんでしたが、廉売の定休日は、日曜日となっています。

image
お店は、本格手打ちのそばのお店か、定食メニューをもだすものか、はたまた機械打ちのそばオンリーであるのか、かいもく見当がつきません。

ここは入店してからの判断になりそうです。
imageIMG_2892
メニューは、ありませんでして、壁にメニューが貼られていまして、セットの定食類はなく、そばオンリーのメニューのようです。 
IMG_2882

無難のところで、大盛りにしてみました。

この後に、もう一軒食べに行くので、ほんとは、もりそばでもいいのですが、あまりに価格が安いので、気になりまして大盛りにしました。

値段からいって、手打ちではなさそうです。

料理がくる間に、様子を見てみます。
IMG_2881

蕎麦の茹でる釜は、厨房と一体となったものを想像していましたが、家庭的なものより少し大きな鍋でして、普通のガス台の上で使われています。

他の調理器具や棚なども、庶民的なものを使っているようです。

ご年配のご主人は調理を、奥様と思われる方は接客です。他、バイトさんのおばさんがお手伝いをしていました。

やはり、庶民的なおそば屋さんのようです。

待つことしばしです。
imageIMG_2861
きました〜。大盛そばです。

汁は、けっこうあるのですが、ご主人が少ないかもしれないので、追加をすぐだすように奥様に指示をしていましたので、これは、薄め系なんだな〜と思いましたが、案の定そうでした。

image
麺は、いっぱいありまして、けっこう柔めで蕎麦の香りは、ほとんどしませんが、ボリュームは、かなりいいもんです。
image
こんなに伸びます〜。
image
汁が薄いので、これは、食べるのにたいへんかな〜と思いつつ、残しては失礼なので、なんとか完食でした。

この状況、しっかりと店主さんに悟られたようです。(^^)imagezzzIMG_2858
こちらのカウンターでいただきました。
zz-kurahisa-tennnai
店内でして、カウンタは、左手にも少しありましてL字カウンターとなっています。