imagezzzIMG_5987
アップはしていませんでしたが、今月は、けっこう、「酒の丸善 瀧澤商店」に行っています。
そうそう、看板にある「酒の丸善」とありますが、これは屋号だそうです。

■函館市若松町19−7
■電話 0138-22-3623
■営業 朝から〜22:00
■定休 日曜
■地図は、こちらです

てなことで、ダイジェスト版です。
IMG_5983
昨日ですが、少し小路に入ると、こんな感じの雪です。

image
誰が名付けたのか、「大門の隠れショットバー」、瀧澤商店。
オヤジが勝手につけました。(^^)
ここ、隠れてはいませんが、わからない方もいるということでの言葉のアヤで。 

ここは、酒屋さんの立飲み屋さんなのです。
image 
 ITOっちさんと乾杯です。
ここの専属ともいっていいほどの常連さんでして、ここのお店の紹介で、全国紙の週刊誌のカラー版に掲載だったり、角打ちの本、テレビにも出ていた方なんです。

そして、いつもの方達と遭遇で乾杯です。
image 
生ビールですが、ここは、サーバーをきちっと洗浄していますので、ビールがうまいんです。

鯖カンズメは、八戸の試験操業という珍しいものでして、なかなか手に入れるのが難しいのですが、ここで味わえます。これ、安物の缶詰とは違い、いいんですヨ。      
値段は、ちと失念。確か400円だったかな〜


ツブの煮込みは400円。しっかりアブラを取り除いてくれています。

ナスの漬物は、浅漬けなんで、酒の肴にいいんですよ。
身欠きにしんは、300円。これもオヤジの定番です。 image
(メニューはじめ各写真は、クリックすると拡大します。)

それっと、今金町の「小川さんちの手作りあげ」は、函館では、丸井デパートとイトーヨカードーでしか手に入れることができないものでして、ここの豆腐、揚げは美味いんですヨ。
これ、こんなに焼いて 250円です。これもイチオシです。(^^)     

image
この時は、カウンターの離れたところにいた市内の若いカップルさんに、ちょっとだけお裾分けです。
札幌からきた方と、オヤジの話をしていたので、後ほどお話をと思ったのですが、残念ながら帰られました。

「あのオヤジ〜、このところ、1000円のでなく、高いところに行ってるんだよな〜。ランチは1500円ではなく、1000円にしてほしいナ」というような声が聞こえてきました。笑

そのお二人とお話されていた札幌の方、ブログ見ていただいてありがとうございます。
本人より詳しくてビックリしました。(^^)

若い、お二人さん、しっかりと覚えましたので、今度の時、乾杯よろしくです。
IMG_3828
会社関係のマネニュアのキレイなおねえさん、この揚げを食べて絶賛でした。(^^)
彼女とってもグルメな方でして、新年会の二次会で先に、ここに来て、オヤジ呼び出しを受けました。
image
これ、ハムカツでした。
せんべえで飲むのも、オツなもんです。(^^)

津軽のせんべい一枚で売ってくれます。いくらだったろう、50、60円だったかな〜
imageIMG_4411
ちと面白いのは、このハイボール。「飲食店様向け」と書かれている業務用ハイボールでして、多分、ここでしか見ることがないと思います。画像をクリックしてみてください。

しっかり氷を入れてくれて、なんと160円なんですよ。
すごいっしょ。(^^)
imageIMG_3831
違うボランティアのおねえさんには、この味噌ラーメンを紹介。
このおねえさんに、レストラン「エタドカ」を教えてもらったんです。

このラーメン、PEEPSに掲載されていたものでして、値段は、なんと300円です。

グルメなおねえさんも、驚愕の値段でした。

すごいでしょう〜 (^^)
image
IMG_3835
スープを飲み干すと、どんぶりの底には、この顔が登場します。
するとママさん、こっちの笑顔もあるんだよ〜と言って、見せてくれました。(^^)
ありがとう〜、感謝です。
IMG_5477
こちらは、サントリーのハイボール 確か240円。というように安いんです。(^^)


ここ瀧澤商店、最近は、若いおねえさんが一人で来たりでして敷居が低くなってきています。
まだの方、大門にきたら瀧澤商店、行ってみてください。

あなたのしらない大門が、そこにありますヨ。
zzzIMG_4384
ボーニさん、元店長が赴任されたので寂しくなりました。
Sさーん、早く戻ってきてください〜 (^^)

場所がわからないという方がいますので、地図をつけます。