imagesIMG_4528
昨日は、第27回のバル街がありまして、そのレポートです。

バル街へ向かうのは電車を利用しまして、電停に電車2両がこうして並ぶのは、なんかプチ嬉しいもんです。
sIMG_4529
午後6時ちょっとですが、既にふるまい酒が提供されている函館市の企業局のビルでは、この人です。
行列もすごいのです。
IMG_4534
バル街といえば、やっぱこのお二人でして、まさしくバルの顔です。
バスクの深谷シェフとヒュッテの親方です。
image
ここの生ハムにふるまいですが、いつもどおりの行列でして、この風景もまたバルならではのものです。
ここから、声をいっぱいかけていただきました。ありがとうございます〜(^^)

並ぶのが、ちと苦手なので、すぐにいただけるチーズと白ワインです。
sIMG_4539
オヤジ、今回は一人で参戦なのでして、予備知識は、まったくのゼロでして、マチセンの中にあるピンチョスのメニュー、イベント情報を見てみます。IMG_4543
このようにいっぱい書いてるんです。
※これはじめ各写真は、画像をクリックをすると拡大します。
image
ここのホテルは、午後6時半を待たずに完売です。いや〜、すごいもんです。
お店を探していて、写した函館山です。

行くお店を探したのですが、わからずでして、まず一軒目に行ったのでは、トランジスタカフェです。imageimage
ここのピンチョスは、揚げピザです。
500枚用意したそうでして、これは、たいへんです。
アツアツで、けっこうなボリュームでして満足です。
image
店主さんに声をかけ店を後にします。
ここですが、近く雑誌の函館の特集で掲載される予定です。楽しみですね。(^^)
imageimage
二軒目は、いつもビックバンドJAZZの演奏をやっている五島軒です。
ここは、3店舗が入っていまして、オヤジが行ったのは、モヒートがあったバーテンダー協会です。
ここのモヒートは美味しいんですヨ。

このピンチョスも、生ハムが入っていてオヤジ好みでした。
それで、この野菜の切り口がすごいんです。 こんな切り方ができるんとは、すごいです。
クリックすると拡大します。
image
image
生演奏を聴こうと思ったら、この部はなんと演奏終了でした。あちゃ〜残念。

バル街は、ご年配の方々が元気です。本町バルは若い方が多いので対照的かな。 
IMG_4586
ここ、やっているかと思ったらダメでした。(^^)
この坂、きつかったんですヨ。笑
imageimage
三軒目は、センティール ラ セゾン函館山 でして、ここに行けば、道産虎さんに会えると思ったのです。
勘は当たっていまして、道産虎さん、いらっしゃいまして合流です。

ロビーにあるアバンギャルドとマッキントッシュのアンプが圧巻でして、この度、はじめて少しだけ聴きましたが、見た目、重厚な音かなと思ったのですが、けっこう軽いのには驚きました。これ値段が高いんですよね〜。これだけ購入するとすごい額なんです。     

こういう値段の高いオーディオをハイエンドオーディオと称していますが、オヤジは、対極のプアーオーディオをやっています。(^^)
image
ここでは、毎回コンサートしていて、今回は、函館の巴太鼓が出演していまて、生の太鼓の音は、迫力がありまして、これは耳で聞くというより、皮膚で聞いている感じかな〜。 
すばらしい熱演でした。

若い方もがんばっておられて、その光景は、とっても微笑ましく感じるのでありました。
こうした文化が継承されていくって素晴らしいことです。
がんばってください。
image
sIMG_4590
そうそう、ここセンティール ラ セゾン函館山は、バルの中でも例年、ピンチョスはいいし、飲み物も豊富に注いでくれ、そしていい雰囲気でして、コンサートも有りなんです。

ここ、はっきり言って、オススメです。
次回のバル街の時、候補に入れてください。(^^)
image
image
四軒目は、道産虎さんがこだわる江差のお店。
江差の中華料理のお店 レストラン 美華さんです。
ピンチョスは、なんとフカヒレソースです。そしてお得意のちまき料理。
image
IMG_4623
ご主人は、こちらで忙しく料理を作っています。
image
image
最後の5軒目は、カフェ マルセンです。
ママさんが受付にいまして軽く挨拶です。
imageIMG_4629
ここのバルは、なんとバイキングなんです。
しっかり満足になりまして、アコーステイックな若い方の音楽を少し聴いてお店を後にしました。

久々というか二回目の一人バルでしたが、やっぱり寂しいもんでした。