imageIMG_3393
月初めは、いつものルーティンでして、函館ポールスターでの月替わりラーメンです。
6月の第40弾は、札幌の「麺や 琥張玖」です。
image
琥張玖で、「こはく」 と読むそうでして、6月25日まで、ここでの営業です。

■函館市港町1丁目2-1
■営業 11:00〜20:00
地図は、こちらです
IMG_3385
最近、ここでは、週替わりラーメンを企画していますが、ここでも提供しまして、 内容は、牛もつ辛味噌らーめん、焼塩らーめん、魚介醤油らーめんです。
なかなか、ユニークなラーメンのラインナップです。
IMG_3475
さて、ここのポスターでは、匠の味と称して、豚・鶏・魚貝の三種類を独自に配合したトリプルスープがウリのようでして、味噌ラーメンをPRしています。 imageIMG_3404
毎月のように顔を合わせる、いつものお店のお姉さんにオススメを聞いてみると「味噌っ!」ということでしたので、味噌を注文します。
オヤジ、ここのお姉さんの言葉には、従うんでありました。(^^)
IMG_3417
メニューです。外に掲示されています。IMG_3420
トッピングのメニューです。
image
IMG_3426
さて、待つこと少しで、けっこう早めに出てきました。

これが、琥張玖の味噌ラーメンです。800円(税込)IMG_3429
どんぶりは、割り箸と比較するとこのようになっていまして、一般的なラーメン丼より狭くなっていますが、底が深くなっています。
ボリューム的には、問題なく 多分、140gくらいの麺だと思います。
imageIMG_3436
さて、お店自慢のスープですが、このような色となっていまして、味噌は、三種類の味噌をブレンドしているそうです。
スープは、少なめです。

味わってみると、流行りの濃厚系のスープでして、こだわりが感じられます。
まろみもあり癖もないので、万人に受け入れられるスープだと思います。

差別化という意味では、想定内のオリジナルスープでしょうか。

群雄割拠のラーメン事業、他との差別化もたいへんでして、
とっても個性派というと、函館近郊での一例は、「花水木」でしょうか。なにか、恋しくなってきました。
おっと、話を戻します。
image
麺は、中太の縮れ麺です。
トッピングは、チャーシューが2枚入っていまして、数mmのけっこう厚い豚バラ肉を使っていまして、これは、ありがたいもんです。

これメニューに書かれていたのですが、ハーブ、香草を使って低温のオーブンでで焼き、最後は、高温で焼きあげているそうです。

表面の下には、もやし、メンマが隠れていまして、他には、ネギ、海苔、細く切られたキクラゲです。
image
ふー、食べました。水を飲みながら、スープをすすります。(^^)

オヤジ、あまり塩分摂ったらダメなんですが、もう、これはサガです。笑

そうそう、これを書いていてわかったのですが、ここは、替え玉を150円で提供しています。
それも手ですね。(^^)
IMG_3461
カウンター席です。
IMG_3465
テーブル席です。