スマホからのモバイル投稿です。
札幌に会議がありJRで移動しています。

途中、腹は減ってはいないのですが、弁当もいいかなと、このメニューを見てみます。

長万部のもりそばがあるので注文してみると既に完売とのこと。
えー、いま、ワゴンサービスのお姉さん回ってきたばかりなのにと思うのですが、先に注文されたようです。
仕方ありませんので、カニめしは、問題なく注文できました。

会議がなければ幕の内弁当とビールなんですが。(^^)

まずは、予約ということで、後ほど、席に届けてくれました。1080円。
久々のカナヤのカニめしです。

そうそう、確か今日は、長万部の毛ガニのイベントをやっているはずと思いました。

長万部は、毛ガニの町というイメージがありますが、実は、町の海の内浦湾では、6月の少しの期間だけ、毛ガニが解禁となるだけでして、年間の水揚げも多くはないのです。
先だっての初水揚げでは、キロ、3000円ー4000円程度だったと記憶しています。
初物は、いい値段ですね。

毛ガニの町、長万部というのは、プロモーションが上手いということでしょうね。毛ガニは、ほとんど地元では獲れていないんです。
多分、昔は、バンバン獲れたのかなー。xsaさーん。教えてくださいー。(^^)

さてカニ飯でして、これは、あまりにもメジャーですね。他のエリアの方は、そうでもないかもです。

この小梅も、そしてこちらの脇役も健在です。

ちょっと面白いのは、よーく見てみると、この弁当箱の仕切りは、ちゃんとマサの目を入れているんです。
これには、ちょっと驚きました。

考えてみれば、プラスチックではなく、この木のマサってのも昔ながら、ずーっとですが、変わらない良さだと思います。


てなことで、一路、札幌です。
今晩は、お付き合いでスナックなんです。
円山あたりに行きたいのですが、仕方ありません。(^^)