imageIMG_9404
真空管アンプを購入しました。
念願だった300Bのものでして、トランス結合で、見るとロフチン型と、すぐさまと思ったのですが、これがminiというネーミングでした。

RCAの6c6のドライブは、シングルでしてロフチン型とは違います。
んむむ〜。なんちゃって300Bのようです。(^^)
実際に聴いてみると、やはりトランス結合の音は、特徴があります。

ドライブを310に取り換え、改造をしてどうなるかですが、ハシモトだというトランスが全てを物語るかもでして、どうなるか。
IMG_9856
プレートのキャップを外そうと思ったら、なんと、ピンが真空管からはがれて、空気が入ってしまいました。
image
image
この手の真空管を持っていそうな方に電話をしてみると、なんとあるということです。
「どこのメーカーがいい?」大量に持っているようでして、なんとも、ありがたいものです。
この方、多くの真空管ラジオやアンプを自作なされている方です。

土産持参でさっそく行ってきまして、わけていただきました。
MT管は、けっこうあるのですが、このST管は、所有している人も少なくなってきました。
あらためて、この方の凄さが伝わってきました。 

image
IMG_9343
話題は変わりますが、某オーディオショップのリスニングルームにて。
というのは、冗談でして個人で趣味で集めたというLE−8Tが、こんなにありまして、これは圧巻です!
中央には、小さ目のパラゴンがデーンと控えています。(^^)
IMG_9357
アンプは、マッキン。
このこだわりに、もう感動です。
噂には、聞いていましたが、実際に見て聴いてみると圧巻でした!
いや〜。感動です。
道産虎さん、ありがとうございました。

PEEPSの編集部の方、記憶にとどめておいてください〜。(^^)
このこだわり全国レベルです。

プラオーディオも、進行中ですが、長くなりそうで次回です。