imageIMG_6793
駅弁を食べて、やってきました青森へ。
調べておいた、ここ「鮨処 あすか」です。

■青森市新町1丁目11−22
■電話 017-723-5000
■営業 11:30〜15:00 17:00〜22:00
■地図は、こちらです
sIMG_6908
ここは、地元民も通うお店でして、とっても人気が高いということです。
値段は、回転寿司で、カウンターがあるというふれこみです。asika-menu1
この日のメニューです。
image
IMG_6809
刺身のちょい盛り 800円(税込み)IMG_6812
刺身の「貝3点刺し」 800円(税込)
赤貝、ホタテ、ツブだったかな。

この刺身なんですが、めちゃ安だと思いませんか?
そうなんです。ここは、とってもリーズナブルなお寿司屋さんでして、地元民もご用達のお店なんです。
image
青森の友人と乾杯!
地元で獲れる魚を紹介しています。
函館と変わりないので了解です。(^^)
image
IMG_6839
「大間づくし」 握りでして、赤身、漬け、中落ち軍艦 の生鮪 590円(税込)
IMG_6845
「旬鮮三貫握り」でして、さより昆布、ぼたん海老、湯引きのハモです。590円(税込)
image
値段が安いからって、薄っぺらではありません。(^^)
IMG_6821
日本酒のリストです。
IMG_6854
日本酒で青森といえば、田酒です。(^^) 750円
imageIMG_6866
これ、あら汁です。270円
これが、はんぱなく大きかったんです。IMG_6868
日本酒の器と比べてみてください〜。
めいっぱいアラが入っていて、この値段で、この内容はありえません。
感動です。コレ。
いや〜。すごい!
IMG_6875
「青森3兄弟」 440円(税込)
image
IMG_6876
こちらは、嶽きみの天ぷら 390円 でして、これが絶品なんです。

正直、函館で何度も、とうきみの天王らを食べているんで、そんな変わらないねと思っていたんですが、これが、とっても甘くて、そしてキミも、しっかりした形になっていまして、これノウハウがあるようです。
IMG_6880
いや〜、この値段で、この美味さはありえません。

これは、絶対、注文の品です。
IMG_6886
「やりいかのゲソから揚げ」 390円
やりいかだけあって、とってもヤワイんです。
IMG_6902
青森県黒石市の日本酒「玉垂」 520円
と日本酒も、すすみます。
IMG_6893
十三湖のしじみ汁 270円
あら汁が、すごい大きさだったんで、しじみ汁は、と思って注文ですが、これは”普通”サイズでした。笑
IMG_6894
「帆立のグラタン」 450円
image
ホタテは、こんな感じ。シジミです。
z-asuka-counter
カウンターです。

imageIMG_6818
いや〜、ここ、さすがに人気のお店でして、もう感動でした。
青森に行ったら、行くべしのオススメのお店です。
また、行きたいな〜。