imageIMG_2481

この日のランチは、中華料理の幸珍でして、久々に来てみました。

女将さんから、「かなり久々ねー。函館にいたの?」と言われます。 (^^)

■函館市昭和3丁目30-55 
■電話 0138-46-7705 
■営業 11:30〜14:30 15:00〜20:30

場所は、こちらです 

image
ここのお店、早いもので来年の7月には、オープン10周年を迎えるということです。
 最初に行った時が、懐かしく思えてきます。

はじめて、あんかけ焼きそばを口にした時、「これは、ロイヤルホテルの味 」と思って聞いてところ 「わかりますか? 」と言われたのが、少し前のように思い出されます。
時の流れるのは、ほんと早いものです。

初めて、ここに行った時です。

ブログも、そういわれれば10年を過ぎたのがわかりました。
いつの間にか、そんな続けていました。(^^)IMG_2369

メニューを見てみます。
imageIMG_2414
オヤジは、日替わり定食にしました。
この日は、
●豚肉の細切り炒め
●春巻き・から揚げ
●中華風あえもの 漬物
●ご飯・スープ・デザート
●コーヒーかウーロン茶
という内容です。900円(税込)

これは、いいもんでさした。(^^)
imageIMG_2420
これは、豚肉の細切りですが。どれが肉かわかりますでしょうか?
ほんとに細いものでして、これ、メニューを知らないで食べると豚肉ということがわからないかもです。
この細さは見事です。

聞いてみると、豚肉の細切りは一旦冷凍にして細かくカットしていると言うことです。
豚肉の細切りは、中華の肉絲(ルースー)と言われますが、細くないのも見受けられますが、ここのは、しっかりと細めです。(^^)

そして、このタケノコは、はじめからカットされたものを使っているのかと思ったら、なんと、店主さんが、手切りをしてこれを作っているそうでして、店主さんの職人気質を見るようです。

ここの豚肉は、国産を使っています。

女将さんが、採算のことを考え発言しても、料理のことは、店主さん、頑として首を縦に振らないそうです。
店主さんの職人魂の一端を垣間見れるようなエピソードです。
imageIMG_2458
それっと、この緑の野菜、何かわかりますでしょうか?

オヤジ、まったくわかりませんでして、女将さんに聞いてみると、ゆりの芽だそうでして、これは、取り寄せているそうです。

ゆりの根は、正月料理に使ったりしますが、ゆりの芽は、初めて口にしましたが、面白い食感でした。
image
唐揚げは、あまり得意ではないのですが、ここのは美味かったんです。
この漬物は、辛くて、とっても気に入りました。売ってくれないかな〜。(^^)
デザートもついてきます。
image
スープの底には、これでして凝っています。
IMG_2466
日替わりランチには、ドリンクがつきます。ウーロン茶かコーヒー。

image
IMG_2382
相方さんは、ここ、初めてだそうでして、となれば、やっばり、五目あんかけ焼きそばです。
IMG_2376
なんたって、ここの看板メニューでして、メニューにも「当店のおすすめ品」として書かれています。

相方さんは、ここ初めてだそうでして、となれば、五目あんかけ焼きそばです。850円
これは。間違いなしの一品です。

値段は、少し上がったものの、30cmはあると思われる皿に、 1.3人前の麺、具いっぱいの餡、これ値上げしたとはいえ、まだリーズナブルです。

普通は、皿だけ大きくて麺は、一人前というのが多いのです。
豚肉も国産のものを使うこだわりです。
image
image
いいコゲあんばいです。
箸と皿の比較ですが、大きな皿なんです。
そして、この皿の値段もいいものでして、この料理にかける気合が伝わってきます。
image
sIMG_2470
カウンターと小上がりです。
sIMG_2457
寡黙に料理をする店主さん。女将さんに言って撮らせていただきました。
sIMG_2459
こちらのテーブル席からみたカウンターです。
image
IMG_2374
メニューです。
IMG_2378
※メニューはじめ各写真は、画像をクリックすると拡大します。