imageyukiguni-tenpo
遅ればせながら、港のポールスターの12月の月替わりラーメンに行ってきました。     
今月は、山形から「麺屋 雪国」です。
image
山形といえば、昔、栃木から友人と車で行ってきたのですが、やたらと遠くて車では二度と行かないと思っていました。
山形では、友人達が毎年、芋煮会が開催しているんですが、遠いというイメ−ジがしっかりと記憶にあり避けていました。(^^)
でも、行ってみたいな〜
IMG_7393
さて山形のラーメンは、どんな味なのでしょうか。

いつものお店のおねえさんに聴いてみると、辛味噌ラーメンが一押しのようです。
IMG_7272
幸いなるかな相方さんは、辛味噌系が苦手のようですので、気がねなくオヤジ注文します。

お店は、けっこう混んでいまして賑わっています。

相方さん、ドローンを入手したそうでして、ラーメンが来る間この話題です。 
業務利用の場合には、5.8Ghz帯の周波数を用いるということで無線のライセンスが必要になるとか、空撮の話しなどを談笑をしながら待つことしばし・・
image
IMG_7294
きました〜

これが辛味噌ラーメンです。 930円(税込)
中央の赤玉がなんともインパクトのあるものでして、これを溶かして味わうようです。
image
IMG_7307
まんず、ちと箸につけて口に入れてみます。
おっと〜〜強烈なニンニクの味でして、これがけっこう入っているようでして、なかなかです。
そして辛味はニンニクの後からっじわ〜っと感じてきまして・・・・・・・image
んむ、なんとも、こやつは濃厚なタマです。 やるな〜〜

こんな強烈なのは、そんな食べれず、これが全部スープに溶け出すのは嫌なので、小鉢をいただき隔離します。笑   
image
トッピングを見てみると、柔く茹でたもやしが中心でして、チャーシューも入っていません。
挽肉が少々でして、これで930円は、いい値段だな〜と思うのでありました。
image
IMG_7333
やっぱ、赤玉は強烈です。 
しかし人間、環境の動物でして慣れてくるもんです。 (^^)
最初、強烈だったニンニクも辛味も、食べるにつれ”へ”でもなくなりまして、これが美味く感じてくるんではありませんか〜。

てなことで、隔離解除でして”赤玉”を全部を入れて味わいます。
imageIMG_7385
オヤジが、普段食べている味噌系と特段の違いはないのですが、なぜかスープを、どんどん飲んでしまうんです。 これが、このラーメンの狙うところなんでしょうか。(^^)

まさしく”癖”になる味でした。否、させられてとすれば恐るべしです。笑
image
IMG_7386
てなことで、気が付くとスープまで完食です。
もっちスープまで完食ということは、気に入った証です。

赤玉がなかったら、間違いなく飲み干しませんでして、 なんとも、不思議なスープでした。(^^)    

image
IMG_7281
こちらは、相方さんの味噌ラーメン 820円(税込)です。
image
image
麺は、西山製麺の縮れ麺です。山形でも使っているんですね。
ていうか、ここは製麺会社のコネクションでラーメン店を招聘しているのかな〜って感じます。

トッピングは、ほとんどもやしで、きくらげが少しです。
チャーシューは入っておらず少しの挽肉です。
この値段であれば、せめてチャーシューは入れてほしいな〜という相方さんでした。今回は、改めて函館ラーメンのレベルの高さを再認識したとのことです。IMG_7278
辛味噌と味噌の比較です。違うのは赤玉だけです。あたりまえですね。
オヤジ的には、味噌にするなら辛味噌の方がいいと思います。

imageIMG_20171206_113930 
なおさんが、味わた酒粕ラーメンです。週替わりラーメンなので930円 
一升一万円の米鶴の酒粕を使用しているそうです。

見た目は、普通の味噌ラーメンで、スープを味わうと、味噌の後から酒粕がほわっと追いかけてきて、優しい味だそうです。
imageIMG_20171202_110951

味噌チャーシューラーメンには薄めですが6枚のチャーシューが入っていて、こっさり系の味で懐かしい味とのこと。

なおさん、ありがとうございました。


imageIMG_7274
チケットの自販機の近くに、楊枝のプレゼントがあります。
おねえさん、ありがとう〜。
IMG_7275
これ傘になっていて、ほっこりきます。
行かれた方は、忘れずに。(^^)
IMG_7268
米沢牛の暖簾、旗がありまして山形らしい雰囲気です。sIMG_7344
少し空いてきたところです。
IMG_7392
西山製麺のノボリがあります。