IMG_0746
クリスマスは、大門の菊水小路にある「ささ樹」です。
ここは、ジャンルに分けるとすれば和風創作料理でしょうか。
いいお店でして気に入っているんです。


■函館市松風町10−2
■電話 0138-27-1500
地図は、こちらです
IMG_0747
お店の看板らしきものは、この名前のみです。

メニューはありませんでして5000円の料理のみです。
お酒は別でしてお酒類のメニューもありません。(^^)
IMG_0754
オードブルです。
imageimage
このミガキ鰊、表面のタレそして鰊は脂がのっていていい肴なんでして、オヤジが普段に食べているものと全くの別物でした。

海苔は磯の香りが”ふわーっ”と感じるものでして、これまた違うんです。
ぶどうの中は、手を加えられて果物から料理にと昇華しているんです。(^^)     

いぶりがっこは、必ずつくようです。
いや〜、これだけでも満足してしまいます。(^^)
IMG_0764
まずは、ビールです。
imageIMG_0790
タチを豆腐状にしたものです。
imageIMG_0799
日本酒は3種類ありまして、最初は男山の純米にしました。
imageIMG_0807
これ焼きリンゴにグラタンを詰めたものでして、中にはりんご、海老、カニなどが入っています。
もうひとつは、昆布を皿にして栗などを入れたものです。
image
長いもんは厚沢部産のごぼうだったかな〜。
器につかったりんご、昆布は、もちろん全て味わうことができます。
店主さん魅せますね〜。嬉しくなってしまいます。(^^)
  image
IMG_0833
お造りでして、アワビが入っていました。
アワビ大好きの相方さん喜んでいます。
image
養殖のアワビかな。タコ、マグロ、ヒラメかな〜。やっぱ、これは日本酒です。
では、もう一杯。
IMG_0873
次は、亀吉だったかな〜。

imageIMG_0866
ほうれん草をスープにしたものでして、なんとも緑が鮮やかです。
この料理のコントラスト面白いものです。
image 
この丸いカブは、お得意の料理です。
ここの料理は、ほんと楽しいのです。
imageIMG_0896
こちらはメインの牛の頬肉を煮たもので、ホロホロとなっていて美味いんです!
image
牛シチューは、柔らくてホロホロでした。
パイは、いちじくでした。

なんと右上はトンガリコーンでして、その中にフォアグラを詰めていました。 
ここにも、アワビが登場です。
そして魚は、子持ちのアユ。
image
IMG_0949
これ、デザートかな〜と思ったら違いました。(^^)
image
これグラスの中に入っているのは、じゃがいものナマスだそうです。
いや〜、これはビックリです。

カボチャのパンの中に魚介のいろんなものが入っているんです。 image
IMG_0973
デザートは、ここの名物といっていいバラのシャーベットです。IMG_0975
そして干し柿の中にはクリームが入っています。 
ここの料理、満足でした。
image
メニューのないお店ですので料金が気になるかと思いますが、二人で13000円ちょいでした。
ここは安心のお店なんです。
ここオススメです。
飛び込みはダメでして予約のみとなっています。

以前、そう言ったら会社のおねえたまに怒られました。
「なんで教えるの〜!」って、それだけお店ということの証です。 笑

以前の料理です。

●初夏の料理です。
●冬の料理です。


image
IMG_0979
帰り際には、ご主人から「少し早いですが・・・」と言ってこれを渡されました。IMG_0981
新品の5円玉と、パンダの金太郎飴です。
これは嬉しいもんです。
IMG_0987
ささ樹さんは、この路地にあるんです。
moutain mouseさん、楽しめましたか〜 (^^)