imageIMG_9952
●夜のビールのエンデバーの記事です 


今日から6月ですね。もう今年の半分になります。(^^)
湯の川のCAFE Endeavour エンデバーがオープンしたので行ってみました。 

■函館市湯川町1丁目26-24
■営業 09:00〜21:00
■定休 水曜日
■地図は、こちらです 


ここは、クラフトビールを自家醸造して提供もしているんです。

ありがたいことに、運転手さんに送っていただきました。(^^)
いつもサンクスです。
IMG_9957
ここのお店、とってもオシャレです。
imageIMG_9960
メニューもオシャレなんです。
IMG_9961
11時からは、ランチタイムです。
コーヒーでゲイシャがあるのは珍しいです。こだわりがありますね。IMG_9982
窓には、この花がありまして、これを写さないとです。
ここおお店をコーディネートなさっている方、お店の写真を撮っていまして、少しくお話をさせていただきました。店内は、とってもオシャレでさすがです。(^^)
IMG_0005
では、遠慮せずクラフトビールを飲みます。IMG_9968
飲み比べるのに2種類です。
Green LightとHydramgea だったかな。
料金は580円となっていますが、ここは外税表記のメニューなので、税率をかけると626円(税込)かな。
この水の入った花瓶の前で写します。
imageimage
オヤジは「お昼の御膳」です。1980円とかかれていますが、2138円(税込)です。
三段重になっています。
オシャレなカフェで和食が出てきたのには驚きました。
こういうのって開けるのが楽しみですネ。(^^)

image
IMG_0043
まず一段目は、刺身です。鮪と白身魚で、これは〆ているようで、アミノ酸のうまみ成分が感じることができました。
鮪は、Hakoyaさんで、本鮪のトロ、赤身を食べているんで慣れてしまっているかな。(^^)
imageIMG_0045
ポテサラ、サラダ、ホッケの煮物でしょうか。
IMG_0072
五穀米、エビマヨ、グラタンです。
白米か五穀米を聞かれますが、もちろん五穀米です。(^^)
IMG_0048
三段重をバラすとこうなります。
imageimage
具のない味噌汁で、酸味があり、これはなんだべ? と思い尋ねてみると長野県のなんとか農場の味噌だそうです。この味、はじめてでした。好みは分かれるかな〜。IMG_0097
デザートとお茶がついてきます。imageIMG_0026
相方さんは飲まないので「ワンプレートランチセット」です。1480円と書かれているので、1598円(税込)です。
image
鶏肉のカツ、エビマヨ、グラタン、サラダ、五穀米、スープという内容です。
imageIMG_0094
デザートとお茶がつきます。
相方さん、この値段では、コーヒーがついていれば嬉しいかなということでした。
imageIMG_0107
この女性の方、ビールを作っている方ということで注ぎ方も丁寧なんです。
プロのお話を少しくお聞きすることができました。
image
こちらで注いでくれます。
こちらが飲む分のビールだそうです。クラフトらしさを感じます。

店内には、クラフトビール「函館湯川ブリュワリー」の醸造所があり提供をしています。
IMG_0120
この樽は、お店からガラス越しで見ることができます。
クラフトビールを飲む方は、ぜひご覧になってください。
一段と美味しくなりますヨ。(^^)
IMG_0114
食後のビールです。
そんなサイズがないので楽勝です。でも4杯はちと効いたかな。(^^)
image
image
テーブル席です。
image
カウンター席です。この後ろがテーブル席となっています。
imageimage
店内のBGMは、女性JAZZ VOCALでして、いいんです。(^^)
そうそう、女性JAZZ VOCAL専用配信のインターネットラジオ virginia musicは、聞こえなくなりました。どうもIPアドレスによる制限をかけてのではないかと思っています。
IMG_9983
こうした雑貨・装飾品・玩具・食器・花などが販売されています。
女性の方で賑わっていました。
image
メニューです。
※メニューはじめ各写真が画像をクリックすると拡大します