imageIMG_1548
この日は、コルツでのディナーに出かけてみました。

■函館市本町4-10
■電話   0138-55-5000
■営業 11:00〜15:00 18:00〜22:30
■定休 月曜日
地図は、こちらです

IMG_1550
さすが人気店です。満席のアナウンスです。
しっかり予約して出かけましたので問題なしです。

ディナーは、「おまかせコースA」にしました。4500円(税別)
ここは、税別となっています。
IMG_1556
ワインリストは上左のように、とても厚くなっていてオヤジには選ぶのがたいへんです。
corz-beer
まんずはビールということで付き合います。 550円(税別)
ここは、ワインのほうがオススメかなとサラっとです。
image
IMG_1561
料理は、苦手なものを聞いてくれます。
鳥があまり好きではありませんので、こちらはオヤジ用です。確か豚肉。
IMG_1566
こちらは相方ので、カモ肉のハムが入っています。
パテは、いい肴になります。
image
いつもはワインボトルなんですが、デキャンタにしました。 テーブルワインですので1650円。

ここの「満月の夜」では、確か農楽蔵のワインがあったと思ったので、後ほど聞いてみたのですが、なんとあるというとでしたが、すでに手遅れでした。
かなり悔しい〜。(^^)
image IMG_1585
こちらは、白身魚の生で刺身です。
ひらめ、ほうぼう、マコガレイ、ババガレイだそうです。
image IMG_1622
ジャガイモとマスカルポーネのムース
中に、うずらの玉子が入っています。

オヤジ、グルメじゃないんでマスカルポーネって知りませんので、いつものGOOGOLE先生に聞いてみると、このようなクリームチーズのことでした。

なるほど、それでこの色なんだ。ジャガイモにしては、白いな〜って思ってました。(^^)
ふんわりムースでした。
image
IMG_1647
魚料理ですが、魚の名前は忘れました。部位はほっぺ。
ちょっと魚の匂いがあるかな。    
下のあずきなのソースと合わせて食べます。
そうそう、カラスミも入っています。
image
IMG_1653
パンです。
自然発酵のものでしょうか。
酸味がほどよく、ワインにも合います。
image 
IMG_1659
様似の短角牛のロースト&ダイコンロースト添えです。
放牧していて、ストレスを与えない肉ということです。
そして行者ニンニクのソースとアフリカの塩も用意されていました。
image
牛肉は、まずまずでしたが、この大根がやたらと美味いんです。
これは、もう感動のレベルです。
大根が、こんなに昇華するとは驚きです。いや〜、これはすんごい。
image
IMG_1690
メインのパスタは、王様しいたけとキャベツのなんとか。
これまで、料理が出てきますので、このボリュームを聞いてきます。
普通サイズでお願いしました。
image
王様シイタケは、でかいっす。(^^) そして美味い!
IMG_1718
お口直しのメレンゲです。
image 
IMG_1728
コーヒーは、こだわりがあるかを聞いてみたところ、「珈琲文庫」の豆を使っているそうです。
その答えだけで、しっかりとコーヒーへの思いが伝わってきます。(^^)

LAMPSも同じ豆を使っていました。

IMG_1735
ここのコーヒー、なかなか一般に手に入りにくいものですが美味しいコーヒーです。
今回のは、独特のいい酸味が感じられました。
いいな〜、この豆。
image
IMG_1740
デザートは、パンバコッタとソルベ。
image 
IMG_1720
ハーブティーは、この箱を持ってきてくれます。
これは、札幌のフレンチのお店でもそうでした。
このサービスは、心をくすぐりますね〜。(^^)
この蓋をとって決めます。
IMG_1729
2番の「アップルピーチ、カシス、ローズヒップ、オレンジピープル、ライムブロッサム、赤ぶどうだそうでして、リラックス効果があるそうです。すんごいいっぱい入っています。(^^)
IMG_1744
マカロンのような焼菓子です。
IMG_1757
席には、これがありました。
これって、室蘭だったかな〜。ネジの芸術。
ググったらボルタ君で、正解でした。(^^)
image 
そうそう、久々にここで食べログのグルメ有名人のオニクマさんと、チラっと会いました。
久々でした。ありがとうございました。

ここの料理、さすが函館を代表するイタリアンのお店だということを改めて認識でした。
いいですね〜。今度、久々に「満月のワインバー」に行ってみたいな〜。