imagesIMG_5019
東京ネタで、見てやってください。(^^)
電車を乗り換えて着いたのは、柴又駅です!

imagesIMG_5020
柴又っていうと、あの人の町ですよね。
この方が駅前で迎えてくれます。 あのいでたちの寅さんです。
いいっすね〜。寅さん好きです。

ここで皆さん、写真を撮っています。    
この界隈の食堂も、寅さんに似合うような、なんともいい雰囲気です。imagesIMG_5021
寅さんがいるってことは、、、、
やっぱり、さくらさんもいました。(^^)
おとうさん、マジマジと眺めて近づきます。sIMG_5022
てなことで、柴又といえば帝釈天ですんで、この通りに行ってみます。
左手に「おもちゃ博物館」の看板が見えます。sIMG_5024
「おもちゃ博物館」でけっこう賑わっていました。
imageIMG_5242
おみやげ 柴叉たま屋では、「金のうんこ」なるものが販売されています。
ここのおばちゃん、語るんっです〜。他の方の説明をちょっと横で聴いていました。(^^)

いや〜、この話ぶりでは人気なんだろうな〜と思います。
現代版、女性寅さんかもです。
商品より、おばちゃんが魅力的かな! (^^)
「金のうんこ」の説明です。
image

sIMG_5028
目立つところにある高木屋老舗さんです。
imageIMG_5218
見ると「食べ歩きおだんご」と書いているんじゃありませんか。
たった一本だけ買うのは、ちと恥ずかしいと思うのですが、皆さんそのスタイルで食べてるんです。
image

これは面白そうです。
実は、ここ見学だけの予定だったのですが予定変更です。(^^)

ダンゴのバルができそうなんで、いざ、ダンゴバルへ参戦です!
image
白衣をきたおばちゃんが一生懸命、販売しています。
ここでは、草だんご 170円

imageIMG_5212
草団子で有名な「とらや」さん。
sIMG_5034
ここは、寅さんの映画、第1作〜4作まで撮影に使用されていたお店だそうです。
image
土・日・祭日限定の「焼き草だんご」。
草だんごに、よもぎ・醤油・海苔がついています。

しっかりここにも、食べ歩き一本 150円と書いています。

いいっすね〜。この文化。
食べ歩いてても、みんな食べてるんで、こっぱ恥ずかしくありません。笑
image
sIMG_5250
吉野家さんです。
image
ここは、草だんごがウリのようです。
濃厚なよもぎで、味がしっかりでした。
IMG_5261
長野県松代産乾燥よもぎを使っているそうです。これが原材料!imageimage
亀家本舗さん。
image
こちらでは海苔だんごをたべます。
団子に海苔がいっぱいついてきます。これは口元につき面白いのです。

imageIMG_5226
このような漬物が売られていました。
「野菜ソムリエの選んだきゅうり一本漬け」 150円です。IMG_5227
ダンゴとの合間に、いいもんでした。
これ長〜いんです。
imageIMG_5229
また、戻って、高木屋老舗です。
次は、焼きだんごです。
image
この焼きだんご、美味しかったな〜〜 170円。
image
IMG_5269
手焼きせんべい金子屋さんの前に。
IMG_5272
せんべいもいいなと、見渡してみます。image
このような丸いガラスの容器に入っていて、これを選びます。
IMG_5199
映画のセットのような通りでした。
image
IMG_5257
けっこう、たわしが販売されていたんです。
ググってみると、柴又の伝統工芸ということでした。
imagesIMG_5035
帝釈天にも、ちょっとだけ入り参拝させていただきました。sIMG_5033
いや〜、この団子食べ歩き、これまた楽しです。
この後、けっこう食べなきゃなんで、このへんにしました。
東京で3kg太ったんです。