imageIMG_4717 
すいません〜東京ネタです。

帝都では、タイ国がお墨付きをしている、リーズナブルなタイ料理があるっていうことで、ブログ見てやってください〜。

バンコク屋台料理の看板あるお店です。

IMG_4720
タイ料理 スクンビット・ソイ・トンローです。

■東京都中央区 八重洲1丁目5-17 八重洲香川ビル
image
IMG_4721
階段を下りていくと、WELCOME BANGKOKあります。
らしい雰囲気です。(^^)

ここのお店は、タイ・セレクトのお店なんです。

このタイ・セレクトというのは、タイ国が認めたタイ料理の認定基準なんです。
タイ・セレクトは、世界で1447店舗、日本では100店舗があります。

その上のランクのタイ・プレミアムは日本では3店のみという厳しい基準のようです。

言ってみれば、タイ国政府のミシュランの厳格バージョンのようなものでしょうか。

詳しくは、こちらに書かれています。

IMG_4716
外にメニューがあります。
IMG_4723
店内のメニューです。

※メニューはじめ各写真は画像をクリックすると拡大します imageIMG_4739
オヤジは、Aー SETを注文。

人気メニュー4品が入っているものです。1320円(税込)

内容は、生春巻き・トムヤムクン・ガパオ・パッタイで、これだけ入って、この値段は安いもんです。IMG_4762
バンコク屋台料理という名も本物のようです。
屋台と書いていても、けっこういい値段がするところもあるんで、え〜、それって屋台価格?と思ってしまいます。 (^^)ここは安いです。
imageIMG_4748
ここのレストランは、全てタイ人だそうです。
さすがタイ国政府認定のレストランでトムヤムクンは、まさしく本場のものです。

こらは、ウマイ!

IMG_4726
ランチの生ビールは安いんです。imageIMG_4733
しかし昼飲みのビールは、やっぱりタイで作っているシンハービアです。

どうぞ〜と一人で手酌です。オヤジ、やっぱ、これが慣れています。(^^)
IMG_4736
いいですね〜。シンハービア。
IMG_4745
まだガパオもあり、これ4品とあってけっこうなボリュームでした。ふ〜。
imageIMG_4756
こちらは、B−SETの ガパオ&タイカレー1種 です。999円(税込)imageIMG_4758
タイカレーは、なかなかウマイとのこと。
ちょいもらって食べましたが、さすが本場の味です。
でも辛さは日本に合わせているような感じかな。

 ガツンと辛くはなかった。
IMG_4776
ガパオの玉子は、トローリと。 
IMG_4783
店内は、東京駅の近くとあってか地価が高いので(^^)隣との席の間隔が狭いんです。
函館のようにあずましく食事とはいきません。


八重洲口のOLさんらしき方もけっこう来ていますが、食べたらすぐに帰るので回転がいいようです。
IMG_4725
アラカルト料理のメニューです。
sIMG_4796
八重洲口をブラついてみます。「海老バル」の店もありました。

そうそう、このバルで思い出しましたが、9月2日に函館の西部地区のバル街が開催されますが、この「バル街」の登録商標は、元祖、函館西部地区バル街実行委員会で所有してるんです。

でも無料で使ってとオシャレな対応なんです。

いいっすね。(^^)

そうそう秋のバル街ですが、ネットでも予約しています。なくなるので、お早目に。こちらです

9月2日(日)ですよ。

おっと、宣伝モードでした。(^^)